WRCチリ:ヌービル「何度もホイールスピンした」デイ1コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCチリ:ヌービル「何度もホイールスピンした」デイ1コメント集 

© Hyundai Motorsport GmbH

ラリーチリ、デイ1終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。シリーズ初開催のチリを選手権リーダーとして迎えたティエリー・ヌービル。先頭走行で挑んだ初日を4番手でまとめたが、砂利を掃かなくてはならない負担が午後のループでも続いたことには青息吐息といったところか。

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■オィット・タナック/総合首位

Toyota Gazoo Racing WRC


「初めてこのステージをドライビングした午前はとてもチャレンジングだったが、午後はすごくいい内容になった。エンジニアが日中サービスでいい仕事をしてくれて、セッティングを少しファインチューニングしてくれたので、フィーリングを取り戻して必要な自信をまたつかむことができた。マシンに関しては、全てがうまく動いている。ここの道は厳しいが、少し分かればすごくいい道。午後はペースノートが午前よりもよくなったので、楽しめるようになった。明日の道は速度域が高くなりそうだが、通常であれば自分たちのマシンにとってはいい状況だ」

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合3位

Toyota Gazoo Racing WRC


「ラリーチリの初日は本当に楽しめた。午前は順調に始まったが、2本目はすごく難しかった。ワイドな道は少しフィンランドのようだったが、グリップはそれほどよくなかった。SS3でリズムを取り戻し、フィーリングもよかった。午後はすごく順調だった。SS5の終盤に向かう中でスピンを1回してしまったことは、自分自身にイラついた。明日のステージはよりリズムに乗れてワイド。今日の午後のスピードを維持していきたいね」

■クリス・ミーク/総合5位

Toyota Gazoo Racing WRC


「最初のステージでベストタイムといい滑り出しができたが、次の2本ではリズムと自信をつかむことに苦戦した。今日のステージは、レッキした時は霧が出ていたので、他よりも少し手こずったのかもしれない。単純に道を信用することができなかった。それでも午後はどんどんよくなり、自信も少し高まるのを感じた。まだ覚悟が少し足りていないが、プッシュを続ける。チームは首位、3番手、5番手につけていることを見れば、自分たちのマシンはここでいいパフォーマンスが出せていることが分かる」

[シトロエン・トタルWRT]
シトロエンC3 WRC

■セバスチャン・オジエ/総合2位

Citroen


「トリッキーな初日だったので、大きなミスなく全力を尽くして走り切れて、うれしいよ。午後はオィットのペースに張り合うのは難しかったが、明日はまた争っていきたい。ステージは速くなるので、もう少し自分たちに向いていることを期待している。いずれにしても、アルゼンチンの後、時間の少ない中で自分のC3 WRCに行われた改良に喜んでいるよ」

■エサペッカ・ラッピ/総合10位

Citroen


「今日の初日はもう少しいい内容にしたかったのは明らかだが、ほとんどの人が手こずったと思う。それでも、午後は自分のペースとマシンへの自信はよくなった」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合4位
「新しいステージに挑まなくてはならないので、チリの初日はタフで厳しかった。午前のループは、全体としてかなりうまく行った。自分たちのペースノートは霧の時に作ったので、走るのが難しいところもあった。クレストとブラインドコーナーの速度域は高かった。ここでは、プッシュしなければタイムを大量にロスする。残念ながら、午後も砂利をたくさん掃かなくてはならなかった。がんばったが、何度もホイールスピンをした」

■セバスチャン・ローブ/総合6位

Hyundai Motorsport GmbH


「チリのステージは興味深かった。非常にテクニカルで、一切、簡単ではなかった。信じられないほど速いセクションもあった。特にエスピガドのステージだ。いいリズムをつかむことが重要だったが、厳しい道だったので大変だった。午後はコンディションが走りやすい感じになってきたので、もっとハードにプッシュすることができた。より走りやすさを感じたし、マシンのフィーリングもよかった」

■アンドレアス・ミケルセン/総合8位

Hyundai Motorsport GmbH


「トリッキーな一日だった。最初のステージは順調で、ペースをつかめた。SS2で、道の真ん中にあった巨石にヒットした。その後は自信をつかむことが本当に難しかった。日中サービスでは、安定性不足を修正するための変更を行った。午後は、最初はいい方向に進んでいると感じられたが、SS5でリヤのグリップを失い転倒しそうになった。明日は、気分を入れ替えて始めなくてはならない」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■エルフィン・エバンス/総合7位

M-Sport


「ほとんどのステージでかなりいい走りができたが、午後の2本目(SS5)では、とにかくリズムがつかめなかった。あのステージは霧の中でのレッキとなったので、少しはロスするとは思っていたが、これだけ離されたことはもちろん本当にガッカリだ。走行順としてはベストではないが、全力を尽くしてどこまでいけるかを見るしかない」

■テーム・スニネン/総合9位

M-Sport


「全てのステージを走り切って将来のために経験を積めたことはよかったが、8位争いをするためにきたわけじゃないし、もう少しペースを上げたかった。明日はとにかくいい走りをして、改善に努め、走行順が近いドライバーよりも速く走ることを目指す」



RALLY PLUS