PDノートe-POWERニスモS、上りのSSに苦しみながらもクラス4位で完走 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

PDノートe-POWERニスモS、上りのSSに苦しみながらもクラス4位で完走

©RALLY PLUS

プレイドライブ・ラリーチームは、5月3日(金・祝)~5日(日・祝)に愛媛県久万高原町周辺で開催された2019年全日本ラリー選手権第4戦Sammy久万高原ラリ」に、日産ノート e-POWER NISMO Sで参戦した。

昨年グラベル路面で開催された久万高原ラリーだが、今季は2年ぶりにターマックでの開催となった。ステージのほとんどが標高1,000mを超える高地に設定され、勾配の激しさが大きな課題のひとつとなる。PD YH ノートe-POWERニスモSでの2戦目を迎えた伊藤隆晃/大高徹也組は、競技初日となる4日(土・祝)に上りのステージで苦戦を強いられることとなった。

比較的フラットなステージのSS1ではクラス3番手のタイムマークする好発進を見せたが、上りのセクションが続くSS2ではバッテリーの消耗が激しく、セーブモードに入ってしまう現象に対処することになり、この日はJN6クラス5番手で折り返す。翌5日(日・祝)もバッテリー面での課題は続いたが、その分を足回りのセッティングを改良することでカバー。回生ブレーキを効率的に活用するドライビングを模索しながら、順位を4位まで挽回してフィニッシュを果たした。

伊藤隆晃(ドライバー)
「バッテリーの問題は悩みどころですが、ターマックでの足回りに関しては安心感を持って走れるようになりました。たった2戦の中で、かなり熟成されたと思っています。次はグラベルなので、まずはセッティングですね。ゼロからまた頑張ります」

全日本ラリー選手権第4戦 久万高原ラリー JN6クラス リザルト
1. 大倉聡/豊田耕司(アイシンAW Vitz CVT) 1:36:59.6
2. 板倉麻美/梅本まどか(DL WPMS Vitz CVT) +3:06.3
3. 中西昌人/福井林賢(YH・WM・KYB・SPM・くまモン・8) +6:45.9
4. 伊藤隆晃/大高徹也(PD YH ノートe-POWERニスモS) +7:10.5
5. クロエリ/加勢直毅(CUSCO YH DAIWA FIT) +10:07.6
6. 水原亜利沙/中村理紗(CUSCO DL CARトップ NOTE) +14:00.1
R. いとうりな/大西紗智(YHブリッドAWオクヤマVITZ)

RALLY PLUS