全日本ラリーいわき:ランキングトップの新井敏弘、新登場の舗装SSを警戒 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリーいわき:ランキングトップの新井敏弘、新登場の舗装SSを警戒

©Takuto Nishio

全日本ラリー選手権第7戦「MSCCラリー in いわき2018 Supported by Sammy」が、8月24~26日に福島県いわき市を舞台に開催される。福島県開催のラリーが全日本選手権のカレンダーに復帰するのは2016年以来2年ぶり。前回の棚倉町周辺から、いわき市小名浜地区をベースに変更し、2日間で14SS、62.82kmを走行する。

第6戦「2018 Sammy ARKラリー・カムイ」を終えた段階で、JN6ランキングトップに立っているのは新井敏弘(スバルWRX STI)。レッキを終えた新井は、今回から登場した舗装ステージのSS1/SS6「Kawakami」を警戒した。

Takuto Nishio

「最初の舗装ステージはかなり難しいですね。おそらく普段は使われていない道なのだと思います。レッキの段階からけっこうな量の砂利が出ていて、トリッキーなステージだと感じました。グラベルステージに関しては、これまでの福島とそれほど変わらないので問題はないはずです。自分にとってはどのイベントも重要な一戦になるので、今回もしっかり走ります」

一方、新井に19.1ポイント差のランキング2位につけるのは、勝田範彦(スバルWRX STI)だ。グラベルラウンドでは新井の先行を許しているが、次戦に迫った天王山のラリー北海道を前に、できるだけトップとの差を縮めておきたいところだろう。

Takuto Nishio

「雨がたくさん降ったこともあって、路面は水を含んでいました。ラリーカーの走行によってコンディションは悪化しそうですね。特にSS2とSS7で走行する『Tsurushiyama』は、現時点では荒れてはいなかったのですが、かなりぬかるんでいました。2回目の走行でどうなるか……。ラリー北海道を考えれば、このラリーは絶対に獲っていきたい一戦。もちろん毎回勝利を狙っているんですけどね(笑)」

ラリーは25日土曜日の午前7時にサービスをスタートし、初日は8SS、42.42kmを走行する。



ワールドラリーカレンダー2019