WRC第10戦GB フォードが1-2堅持 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC第10戦GB フォードが1-2堅持

 

 ラリーGB競技2日目のメインステージは、カーディフの北約100㎞に展開するミリタリーエリア。前日に降った雨でグラベル路面はかなり湿り気を帯び柔らかくなっている。そのため、上位選手はいずれもソフトコンパウンドタイヤを装着してステージへと向かった。

 深い霧に覆われ視界不良のなかスタートしたSS7ではマッズ・オストベルグが、グラベルイベントでは2009年のアクロポリス以来となるベストタイムを記録。続くSS8では湿った路面とマシンのマッチングが今ひとつだったシトロエンのセバスチャン・ローブがこのラリー初のベストタイムを刻んだ。ローブは「決してベストな走りではないがドライの方がタイムが出るようだ」と、冷静に分析。総合2位ペター・ソルベルグとの差を7.9秒差に縮めた。
 SS9は再び霧の中での走行となり路面は全体的に湿っており泥が多く出ているが、このステージを得意とするヤリ‐マティ・ラトバラが7回目のSSベストを刻んだ。2番手タイムは3位ローブで、2位ソルベルグとの差は一気に3.2秒にまで縮まった。

 カーディフでのサービスを経て始まった午後のループステージ。依然曇り空ながら霧は晴れ視界は良好。上位5選手はソルベルグをのぞく4名がスペアタイヤを2本搭載してステージにのぞんだ。そのSS10ではソルベルグがベストタイムをマーク。SS11ではスペアとして搭載していたハードタイヤ2本を装着したラトバラが速く、ラトバラと2位ソルベルグの差は22.1秒に拡大。ラトバラが徐々に逃げ切り体制に入っていった。そして、SS12ではソルベルグが4度目のステージベストでローブとの差を7.3秒に広げた。

「ラトバラは速いね。追いつくのはちょっと難しそうだ。ペターとの差は小さいけど彼もなかなか差を縮めさせてくれない」と、ローブ。迎えたこの日の最終ステージ、SS13は約3㎞と短くもトリッキーなステージではラトバラがローブに1.9秒差をつけベストを記録。総合では2位ソルベルグに24.5秒差をつけ首位を堅守した。
 ローブとの差が6.4秒差に縮まった2位ソルベルグ。フォードの1-2フィニッシュ実現に向けてミスは許されない。3位ローブは首位から30.9秒遅れ。ローブを19秒差で4位オストベルグが追う。5位ヒルボネンはトップとの差が1分22秒4に開き表彰台も難しい状況だ。以下、6位オット・タナク、7位エフゲニー・ノビコフとMスポーツ・フォードの2台が続いている。

ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS