ラリークロスの新シリーズARX初戦でスバルのサンデルが4位フィニッシュ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリークロスの新シリーズARX初戦でスバルのサンデルが4位フィニッシュ

©subaru.com/rally

今季から始まるアメリカズ・ラリークロス選手権(ARX)の開幕戦が、5月25‐27日、英国のシルバーストンサーキットで行われ、スバル・ラリーチームUSAのパトリック・サンデル(スバルARX STI)が4位に入った。

世界ラリークロス選手権との併催イベントして大々的に開催された新生ARXの開幕戦。ファイナルに進出したパトリック・サンデルは、混乱となった最初のラップ序盤でスピンを喫したが、その後激しい順位争いを制して4位を勝ち取った。チームメイトのデビッド・ヒギンズ、クリス・アトキンソンはそれぞれ6位、8位でのフィニッシュとなった。

subaru.com/rally

「ARXの初めてのイベントでこの順位につけられて、素晴らしいよ」とサンデルはコメント。
「米国のラリークロス界の新時代を迎えることにとても興奮しているし、こうした形でシリーズが滑り出すのは最高。本当に情熱的なファンがたくさん集まっていたので、アメリカのラリークロスがとても高いレベルにある見応えのあるシリーズであることが見せられたと思う」

今イベントで見事なペースを披露したスバル勢だったが、厳しい局面もあり、ヒギンズとアトキンソンはジャンプスタートでペナルティを喫しているほか、サンデルはレース中のアクシデントでパンクに見舞われている。特にアトキンソンは土曜日の走行でウォールに引っかけて転倒という場面もあった。幸い、タイヤ側で着地して走行を続け、このレースを走り切っている。一方で、4回の予選の間にアトキンソンとサンデルがヒート勝利を飾るなど好素材も残した。

ファイナルはタナー・ファウスト、スコット・スピードのフォルクスワーゲン・ビートル勢が1-2フィニッシュを飾った。

VOLKSWAGEN

ラリプラメンバーズ2019