世界RX併催のARXカナダ戦はスピードが優勝、スバルのビルヌーブはセミファイナルでリタイア – RALLYPLUS.NET ラリープラス

世界RX併催のARXカナダ戦はスピードが優勝、スバルのビルヌーブはセミファイナルでリタイア

©Volkswagen

アメリカズ・ラリークロス(ARX)選手権第3戦は、8月5日にカナダのグランプリ・デ・トロワリビエールでファイナルが行われ、スコット・スピードが優勝を飾った。タナー・ファウストか2位に入り、フォルクスワーゲン勢が1‐2フィニッシュを決めた。

スバル・ラリーチームUSA勢は、パトリック・サンデルが4位で最上位。クリス・アトキンソンが5位で続いた。今回、3台目のスバルWRX STIで初めてARXに挑んだ元F1チャンピオンのジャック・ビルヌーブは、前日からペースを上げ2秒以上もタイムを更新。午前のセッションを終えて「この週末でベストのフィーリング。クリーンにプッシュできたラップもあったし、ミスも格段に減った。攻め過ぎた場所もあったが、全体としてはマシンには本当にハッピー」とコメントしていたが、残念ながらセミファイナルでリタイアとなった。

subaru.com/rally

ARXカナダGP3R戦 ファイナル結果
1 S.スピード(フォルクスワーゲン・ビートル) 5:04.030
2 T.ファウスト(フォルクスワーゲン・ビートル) 5:04.030
3 K.ブロック(フォード・フォーカスRS) 5:08.364
4 P.サンデル(スバルWRX STI) 5:09.209
5 C.アトキンソン(スバルWRX STI) 5:10.145
6 S.ア―ピン(フォード・フォーカスRS) 5:12.631
7 R.ミュニッヒ(フォード・フィエスタ)
8 J.ビルヌーブ(スバルWRX STI)
9 O.ベネット(BMW MINIクーパー)



ワールドラリーカレンダー2019