初開催のナイトロラリークロスでスバル勢は3台リタイア、優勝はプジョーのティミー・ハンセン – RALLYPLUS.NET ラリープラス

初開催のナイトロラリークロスでスバル勢は3台リタイア、優勝はプジョーのティミー・ハンセン

©subaru.com/rally

米国で行われているFMXやBMXなどのアクションスポーツ競技の人気シリーズ、ナイトロワールドゲームスが初めて開催するラリークロスイベント、ナイトロラリークロス(NRX)が9月21‐23日、米国ユタ州ソルトレイクシティで開催された。

スバル・ラリーチームUSA(SRT USA)のドライバーで、フリースタイルモトクロスの人気ライダーでもあるトラビス・パストラーナがデザインしたラリークロスコースには、翌週に米国戦開催を控える世界ラリークロス界で活躍するドライバーも多数参戦し、イベントは大いに盛り上がった。

予選では、クリス・アトキンソン(スバルWRX STI)がトップタイムを叩き出すなど順調な滑り出しを見せたSRT USAだったが、アトキンソン、パストラーナ、パトリック・サンデルの3人が進出したファイナルでは、全員がリタイアという苦い結果となった。

subaru.com/rally

スバル・ラリーチームUSAとアメリカズ・ラリークロス選手権で凌ぎを削り合うフォルクスワーゲン勢は、タナー・ファウスト(フォルクスワーゲン・ビートル)が3位でフィニッシュ。初開催の初代チャンピオンには、チーム・プジョー・トタルから世界ラリークロス選手権を戦うティミー・ハンセンが輝いた。2位には2016年の世界ラリークロスチャンピオン、マティアス・エクストローム(アウディS1)が食い込んだ。

Red Bull

ナイトロラリークロス ファイナル結果
1. T.ハンセン(プジョー208) 6:49.69
2. M.エクストローム(アウディS1) 6:52.16
3. T.ファウスト(フォルクスワーゲン・ビートル) 6:56.25
4. S.アーピン(フォード・フォーカスRS) 7:32.70

DNF T.パストラーナ(スバルWRX STI)
DNF P.サンデル(スバルWRX STI)
DNF C.アトキンソン(スバルWRX STI)
DNF S.スピード(フォルクスワーゲン・ビートル)

RALLY CARS