“セブ”とまた優勝争いができれば最高だ──セバスチャン・オジエ:WRCメキシコ現地取材 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

“セブ”とまた優勝争いができれば最高だ──セバスチャン・オジエ:WRCメキシコ現地取材

©M-SPORT

前戦スウェーデンの最終ステージ前に意図的タイムペナルティを受けて物議を醸したセバスチャン・オジエは、ここメキシコでは2番手スタートとなる。今回も不利な状況は変わらず、それが注目されるセバスチャン・ローブとの戦いに影響するとみている。

「2番手スタートだけど、一番最初に走るよりはマシ、という程度だと思う。厳しいことには変わりないよ。でも、ずっとこんな状況が続いてきてるし、明日もできることをやるしかない。シェイクダウンを終えた今の段階ではどれだけのことができるかはっきりとは言えないけど、いい結果を残すためには、一番長い金曜日が重要になることだけは間違いない。金曜日をいい順位で走って、土曜日の走行順を有利にすることがどうしても必要だ。セブとダニエルが戻ってきたのは嬉しい限りだよ。またふたりで優勝争いをしてみたいけどどうなるかな? 向こうはリズムをつかむのにちょっと時間がかかるかもしれないし、状況的にも、彼らのスタート順がいいのに対してこっちは厳しいから噛み合うかどうか……。でも、とにかくバトルを楽しみにしているよ」

ラリプラメンバーズ2020