ナッサー、スウェーデン欠場。マシュー・Wが代替参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ナッサー、スウェーデン欠場。マシュー・Wが代替参戦

 

 2月7日に開幕するWRC 第2戦のラリースウェーデンへの参戦を予定していた、カタールMスポーツWRTのナッサー・アルアティヤーが、体調不良により欠場することになった。代替ドライバーとして、マシュー・ウィルソンがアルアティヤーの正ドライバー、ジョバンニ・ベルナッキーニと参戦する。

 フォードからのワークス支援を失ったMスポーツに、カタールからの支援を取り付けた功労者であるアルアティヤー。ダカール参戦のために開幕戦モンテカルロは欠場し、このスウェーデンからフォード・フィエスタRS WRCでカタールMスポーツWRTのエースドライバーとして参戦することになっていた。

 しかし、週末に体調不良となり、2月4日に行われたプレイベントテストにも参加することができない状況だったため、万全の体制で次戦を迎えるためにスウェーデンの欠場を決意した。来月のラリーメキシコには参戦の予定。

 「チームのためにスウェーデンに向かうことができなくなり、本当に残念。でも、今は次戦のために体調を完全に回復させることが先決だ」とアルアティヤー。「マシューのことはよく知っているし、チームのためにいい走りをしてくれると思う。自宅から、ドライバーたちの進捗を見届けて、いいリザルトを獲得できるよう祈っているよ」

 スウェーデンでアルアティヤーの代わりにドライバーを務めるウィルソンのWRC参戦は、昨年9月のGB以来。しかし、スウェーデンにはこれまで6戦参戦した経験を持っており、2010年はノルウェー出身のマッズ・オストベルグを押さえての総合7位に入っている。

 「(骨折のために欠場が続いた)昨年は残念なシーズンになったので、今週、WRカーで参戦できることになってうれしいよ。ちょっと突然だったけれどね。日曜日の夜に話を聞いて、月曜日にスウェーデンに飛んだんだ!」とウィルソン。「この機会を与えてくれたナッサーに感謝しなくてはならない。チームのみんなが、一日も早い回復を祈っている。サービスに彼がいないのは不思議な感じがするけど、メキシコで戻ってくるのを待っているよ」



ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018