TGR Vitz CVT、新体制で臨んだ初挑戦のスノーラリーで2位表彰台 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

TGR Vitz CVT、新体制で臨んだ初挑戦のスノーラリーで2位表彰台

©TOYOTA

2月2日(金)~4日(日)、2018年シーズンの全日本ラリー選手権開幕戦「Rally of Tsumagoi」が、群馬県嬬恋村を拠点として行われ、TOYOTA GAZOO Racingの眞貝知志/安藤裕一組(TGR Vitz CVT)が、2位表彰台を獲得した。

モータースポーツの厳しい環境の下で「人を鍛え、クルマを鍛える」ことを目的として、2018年全日本ラリー選手権開幕戦にTGR Vitz CVTで臨んだTOYOTA GAZOO Racing。活動4年目を迎えるチームは、ドライバーに眞貝知志、コ・ドライバーに安藤裕一を迎えた。チームにとってスノーラリーは初参戦。車両は2017年のグラベル(未舗装路)ラリー仕様をもとに、氷雪路に向けサスペンションなどの調整が行われた。

これまでターマック(舗装路)を中心に活躍してきた眞貝にとってもスノーラリーは初挑戦。
「参戦にあたりTGR Vitz CVTでテストを行ってきましたが、実戦でこそ理解できる点も多いと思っています。まずはこのラリーを完走することで、経験やデータをしっかりと持ち帰りたいと思います」と、眞貝選手は意気込みを語り、ラリーをスタートした。

夜間の走行となった初日、圧雪路や凍結路などが混在するなか、眞貝選手は慎重な走行でクラス2番手につける堅調な出だし。気温が上がり、雪が融けた部分など難しい路面状況となった2日目も、8箇所のSS(スペシャルステージ:競技区間)を大きなミスなく走り切った。3日目の最終日には、SS17で今大会初となるSSベストタイムを記録し、残されたSSも安定したペースを維持してフィニッシュ。チームは2018年シーズンに向けて、開幕戦で2位表彰台を獲得する幸先の良いスタートを切った。

TOYOTA

宮本昌司(チーフメカニック)
「眞貝選手はかなり慎重に走行してくれました。大きなトラブルなどもなく最後まで走り切ってくれたことに感謝しています。いいデータを得ることができましたが、雪道でのセッティングを含め、色々と課題も見つかりました。来年までスノーラリーはありませんが、車両の基本的な挙動や特性は、グラベル(未舗装路)ラリーと共通です。今年はグラベルラリーも多いので、今回のラリーで得られた経験は参考になるはずです」

児島 星(CVT担当エンジニア)
「スノー路での事前テストが十分にできなかったため、CVTの制御に関していくつか選択肢を用意して臨みました。眞貝選手からの要望もあり、競技中に制御を変更しましたが、その後は走りやすくなったようです。データからも的確な制御ができたという手応えを感じます。乾いたターマック路面での制御に関しては、昨年の新城ラリーでほぼ完成の域に達していましたが、路面μ(ミュー/摩擦係数)がかなり低くなるスノー路やアイスバーンでの競技は初めてだったので、将来に向けて有用なデータを得られたと思います」

眞貝知志(ドライバー)
「TGR Vitz CVTは非常に運転しやすく、無事に完走できてホッとしています。今回のように路面コンディションの変化が急激だと、少しの無理が大きなリスクになって返ってきそうだったので、あえて限界の一歩手前に留めるドライビングを心がけました。結果的に最後までマシンの状態を保ちながらCVTの制御を数多く試せたので、この戦略が正しかったのだと思います。CVTに関しては今回のラリーでかなり進化したと思っています。初日の感触を踏まえて、2日目の昼から変更したソフトによって、制御が劇的に良くなりました。低μ路におけるスポーツCVTの理想形に近づくことができたのではないかと思います。チームの整備作業は的確で、安心感を持ってラリーを戦えました。万全の体制で戦えている実感があります」

TOYOTA

安藤裕一(コ・ドライバー)
「初めてのスノーラリーだったので慎重に戦いましたが、今後に向けてとてもいい経験ができたと思っています。チームとのコミュニケーションもしっかり取れましたし、クルマの整備も安心して任せることができました。我々クルーの要望を色々取り入れてもらったことにも感謝しています。第2戦の唐津は眞貝選手の得意なラリーですし、私自身も非常に楽しみにしています」

Rally of Tsumagoi 全日本ラリー選手権JN-3クラス結果
1 天野 智之/井上 裕紀子(トヨタ・ヴィッツRS) 1:12:30.9
2 眞貝 知志/安藤 裕一(トヨタ・ヴィッツCVT) +1:10.9
3 渡部 哲成/松浦 俊郎(マツダ・デミオ) +1:28.4



ラリプラメンバーズ2018 募集中!!