全日本ラリー若狭:TGR Vitz CVT、今シーズン初のリタイアも「次に向けて貴重な経験ができた」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー若狭:TGR Vitz CVT、今シーズン初のリタイアも「次に向けて貴重な経験ができた」

TGR Vitz CVT

©TOYOTA

5月19日(金)~21日(日)、2017年シーズン全日本ラリー選手権(JRC)第4戦「若狭ラリー2017 Supported by Sammy」が、福井県大飯郡おおい町で行なわれ、TOYOTA GAZOO Racingの大倉聡/豊田耕司組(TGR Vitz CVT)は、JN3クラス2位を走行していたものの、マシントラブルでリタイアに終わった。

モータースポーツの厳しい環境の下で「人を鍛え、クルマを鍛える」ことを目的に、2017年はJN3クラスにTGR Vitz CVTで参戦するTOYOTA GAZOO Racing。第2戦唐津、第3戦久万高原と連続で2位表彰台を獲得し、確実に上位完走を果たすことで、貴重なCVTの走行データを持ち帰ることに成功している。今までのデータを踏まえ、CVT制御を中心に細かい改良を施して挑んだ第4戦若狭ラリー。そのコースの特徴は、道幅が比較的狭く、曲がりくねった低中速SS(スペシャルステージ・タイムアタック区間)が中心で路面にはギャップが多い。

ドライバー大倉聡とCVTエンジニア児島星

TOYOTA

「今回ドライビングポジションを変更したことでドライブしやすくなった」と語っていたドライバーの大倉は、初日のSS7でベストタイムを獲得。その他のステージでも安定したタイムでまとめ、初日をクラス2番手で終えた。ところが、ラリー2日目も順調に2位を走行していた大倉だったが、SS12のスタートから2.6km地点で駆動系トラブルが発生。ラリー続行が不可能となり、シーズン初のリタイアを余儀なくされた。

豊岡悟志(チーム監督)
「駆動系トラブルでリタイアとなりましたが、持ち帰ってしっかりと調べます。ラリーリザルトとしては残念でしたが、原因究明、対策と勉強できる機会を得られたことは、人とクルマの成長に繋げられます。チームにとっては、次に向けて非常に貴重な経験ができた、ある意味”前向きなラリー”だったと思っています」

児島星(CVT担当エンジニア)
「ドライバーの大倉選手からは、今回改良した箇所が良くなったというフィードバックをもらうことができました。その点に関しては、前向きに捉えたいと思います。ただ、現時点でトラブルの原因がはっきりしていないので、よく調べる必要があります。当然ですが、さらに信頼性を確保しながら、また今後も改良を続けていきたいと思います」

大倉聡(ドライバー)
「悔しい結果になってしまいました。若狭のコースに合わせたセッティングを探りつつ、終始全開で攻めて、トップを狙っていたのですが、なかなか難しいラリーでした。ライバルに対して、力負けしてしまったことに関しては、ドライバーとして反省しています。自分のドライビングを省みつつ、次のモントレーに挑みたいと思います」

TOYOTA GAZOO Racingは、6月8-11日に群馬県嬬恋村にて開催される2017年全日本ラリー選手権(JRC)第5戦モントレー2017 in 嬬恋に出場する。

若狭ラリー2017 JN3クラス最終結果
1 天野 智之/井上 裕紀子(トヨタ・ヴィッツRS) 1:10:39.6
2 内藤 学武/小藤 桂一(マツダ・デミオ) +4:12.8
3 中西 昌人/美野 友紀(マツダRX-8) +4:21.5
リタイア 大倉聡/豊田耕司組(トヨタ・ヴィッツ CVT)

チームはデイ毎のハイライト動画を公開している。

RALLY PLUS
RALLY CARS