マルコム・ウィルソン「フォードとレッドブルからのサポートが拡大した」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

マルコム・ウィルソン「フォードとレッドブルからのサポートが拡大した」

©M-SPORT

2018年シーズン、久々にフォードからのサポートを勝ち取ったMスポーツ。どのような過程を経てフォードとの協力関係が復活したのか、そして、今シーズンの参戦体制について、チーム代表のマルコム・ウィルソンに聞いた。

「フォードはセバスチャン(オジエ)との契約延長を求めていた。そして、継続的なマシン開発を行えるだけの予算を確保することが、セバスチャンとの契約条件だった。フォードはその面で我々をサポートしてくれている」
 
今シーズン、MスポーツがWRCに投入する2台のフィエスタWRCは、どちらもレッドブルのカラーリングを纏っている。昨シーズンはオジエの車両のみにレッドブルのスポンサーロゴが描かれていた。
「昨年はマシンにレッドブルのロゴが付いていたが、実際はセバスチャンの個人スポンサーという形だった。今シーズンからはセバスチャンへの個人スポンサードも継続しているし、チームへのサポートもスタートしている」

ドライバーラインナップは、これまで手塩にかけて育ててきたオット・タナクがトヨタへ移籍。セカンドドライバーにはエルフィン・エバンスが昇格した。昨年、WRC初勝利を手にしたエバンスの成長に、ウィルソンは目を細める。
「初優勝を経験したドライバーが一気に成長するのを、私はこれまで何度も見てきた。それこそ2〜3cmも身長が伸びるような感じだね。初優勝することで、はっきりと自信が生まれる。エルフィンはミーティングでも『こうしたい」と、自信を持って主張するようになった」

また、昨年に続きフィエスタR5で参戦するエリック・カミリやテーム・スニネンにもチャンスを与えようと考えている。
「Mスポーツに所属しているドライバー以外で、特に注目している存在はいない。現状はエリックとテームを育てていきたいと思っている。資金さえあれば、彼らをWRカーに乗せたい。特にテームに関しては、私がこれまで長年見てきた中でも、特に素晴らしい才能を持ったドライバーだ。イベント参戦経験は多くないが、それを考えると、改めて彼の才能の凄さが分かるよ」

ウィルソンはスニネンの凄さを、“セルフコントロール”にあると明かしてくれた。
「速いのはもちろんだが、自分自身をコントロールする能力がかなり高い。自分に対して必要なプレッシャーを掛けることもできる。現段階でドライバーとしてのパッケージは完成しつつあるし、これに経験さえ積むことができれば、必ずトップドライバーになるはずだ」



RALLY PLUS