パッドン、WRCフィンランドに向けてラリーエストニアにWRカーで準備参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

パッドン、WRCフィンランドに向けてラリーエストニアにWRカーで準備参戦

©Hyundai Motorsport GmbH

ヒュンダイ・モータースポーツは、WRCフィンランド戦の準備参戦として、7月に開催されるラリーエストニアにヘイデン・パッドンをヒュンダイi20クーペWRCで参戦させる。

バルト三国で最大のモータースポーツイベントとも言われるラリーエストニアは、7月13‐15日にエストニア南部のタルトゥで開催される高速グラベルラリー。主催者は、WRCチームの参戦を目標として掲げていた。その主催者が公式サイトで、ヒュンダイ・モータースポーツがヘイデン・パッドンをエントリーさせることを伝えた。

ヒュンダイi20クーペWRCがバルト三国で開催されるイベントに参戦するのは、これが初めて。ヘイデン・パッドンも初参加だが、コ・ドライバーのセブ・マーシャルは2011年に参戦経験がある。過去にもWRCワークス勢がフィンランド向けにエストニアのラリー参戦を活用した例があり、ヒュンダイ・モータースポーツにとっても、ラリーフィンランド向けのテストとして絶好の機会となる。

ヒュンダイ・モータースポーツのチームマネージャー、アライン・ペナッセは「今年のラリーエストニアにヘイデンを参戦させることができて、非常にうれしく思う」とコメント。
「これまでにも他のチームが、ラリーフィンランド向けのプレイベントテストとして参戦してきていたので、我々も活用できると考え、i20クーペWRCの投入を決めた。エストニアの道は高速でリズミカルなので、数週間後に控えるフィンランド戦の準備としては理想的なイベント。スペクテイターもとても情熱的なので、見応えの走りを披露したい。我々のWRカーの走りを楽しんでもらえるはずだよ!」

初めてのエストニア参戦に臨むパッドンは「7月のラリーエストニアを楽しみにしている。近年のイベントはチェックしていたし、自分の好みの高速グラベルはとてもよさそうだ」と語る。
「ラリーフィンランドに向けて最高の準備にもなると思うし、実戦環境でのテストとして活用していく」

Hyundai Motorsport GmbH

ラリーエストニアのイベントディレクターを務めるウルモ・アーバは「ヒュンダイ・モータースポーツを我々のラリーに迎えることは、大変光栄」とコメントした。
「ラリーフィンランド向けの準備としてラリーエストニアは最高の準備の場として価値があると信じている。我々の目標はラリーを安全に、革新的に運営していくことであり、それはWRCに参戦しているチームは期待していることでもあるはず。ヘイデンとセブがエストニアの高速ステージを楽しんでくれると確信しているし、ファンのみなさんもバルト三国で初めて走るi20クーペWRCの走りを見るのを喜んでくれるはずだ」

ラリプラメンバーズ2020