【特別企画】より“過酷”に生まれ変わった「WRC7」発売記念レポート!! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【特別企画】より“過酷”に生まれ変わった「WRC7」発売記念レポート!!

©amuzio

突然だが、今日11月16日は何の日かご存知だろうか?
「国際寛容デー」とか「自然薯の日」とか、そんなメジャーな記念日を聞いているわけではもちろんない。

そう、本日11月16日は、WRC公式ゲーム「WRC7」の発売日だ!

ナンバリングタイトルとして1年ごとにリリースされているレーシングゲームと聞くと、「そんなに進化していないんじゃないの?」「その年のクルマとか入ってるだけでしょ?」という心ない声もあるが、今回のWRC7に限ってはそんな心配は無用。前作「WRC6」と比べて圧倒的にクオリティがアップしており、ガラリと生まれ変わっていることを、ラリープラス編集部として断言しよう。

というわけで、今年も発売直前のWRC7をプレイさせていただいた。ラリーファンの皆さんなら、すでにプレイしているかもしれないが、6から7へ、わずか1年足らずの間にどれほどの進化が遂げられたのかをじっくり紹介しよう。

2017年シーズン中に2017年シーズンを収録したWRCゲームを遊べる!

WRC7が発売される11月16日時点では、まだ2017年シーズンが終わっていない。WRC第13戦オーストラリア開幕直前の木曜日となっている。これまでWRC公式ゲームの日本語版は、海外で発売される英語版よりも遅れて、翌年の3〜5月頃に発売されることが一般的だった。日本語ローカライズにかかる時間や権利の問題など様々な障壁があったと推察されるが、それらを乗り越えて年内発売というのはラリー関係者としても非常にうれしい。

その最大の恩恵は、今年からスタートした「eSports WRC」に日本からフル参戦できること。WRCのeSportsは、WRCの開催期間中にゲームで戦うというシステム。2018年のeSportsの開幕戦は1月末のラリーモンテカルロからなので、日本人プレイヤーも当初から参戦できるし、事前の練習時間もあるというわけだ。

本稿執筆時点ではまだeSportsの項目はなく、オンラインで対戦する「チャレンジ」が用意されているのみ。というのも、現在は前作「WRC6」のeSportsがシーズン中だからだ。2018年になれば、ラリーモンテカルロから本格的にWRC7でのeSportsがスタートする予定だ。

eSportsはこれから様々なカテゴリーで世界をつなぎ、ゲームのプレイヤーをリアルのラリー参戦にもつないでくれる可能性を秘めている。もはやたかがゲームのオンラインランキングではない。年代を問わずプレイヤーがWRCに興味を持てるきっかけになるかもしれないのだ。そんな機会を作ってくれたことも歓迎したい。

ちなみに、本作が一般公開された東京ゲームショウ2017の後の11月1日、日本語版の開発元である株式会社インターグローは、株式会社オーイズミ・アミュージオへと社名を変更した。もちろん、WRCゲームの開発や販売はこれまでと同様に行っていくとのことなので、新生「オーイズミ・アミュージオ」の発展と活躍にいちラリーファンとして今後も期待したい。

オーイズミ・アミュージオが新たな会社名。WRCシリーズ以外にもセバスチャン・ローブ・ラリーやmotoGPシリーズのほか、nintendo Switch向けゲームやスマートフォン向けゲームも手がけている。

WRC 7(ダブリューアールシーセブン)
ジャンル:ラリーレーシング
発売日:2017年11月16日(木)
対応機種:PS4
価格:7980円+税(パッケージ版・ダウンロード版)
URL:http://game.intergrow.jp/wrc7/

次ページ:全13戦のコースをほぼ全面的に刷新!

RALLY CARS
RALLY CARS