WRCラリーGB:ヌービル「林道ステージが始まる前に出遅れた」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCラリーGB:ヌービル「林道ステージが始まる前に出遅れた」デイ2コメント集 

©Hyundai Motorsport GmbH

ラリーGB、デイ2終了後の各ドライバーからのコメントをまとめた。開幕ステージ前にエンジンがかからずタイムペナルティ、最初の林道ステージではエンジンストール、その後スピンなど、悪い流れを断ち切れないままのヌービル。タイトルチャンスの可能性を残す大事な一戦での厳しい滑り出しに青息吐息。

[MスポーツWRT]
フォード・フィエスタWRC

■エルフィン・エバンス/総合首位
「一日を終えてこの位置につけているのは、かなりいい気分。堅実な走りをして、トラブルもミスもないので、ここまではとてもいい内容。もちろん、簡単な一日ではなかった。特に午前は、ステージを走る間にグリップが頻繁に変化した。コーナーからコーナーへ行く間にグリップが変化するので、プッシュとオーバードライビングのバランスをつかむのは、かなり難しかった。とにかくできる限りトラクションを使うことに集中したが、もちろん簡単ではなかったよ。明日はとても素晴らしいステージ。まさに自分の地元なので、とにかく楽しみたい」

■オット・タナク/総合2位

M-SPORT

「悪い一日ではなかったし、ステージを走るのはとてもよかった。日差しが出ていたし、メイヘリンのステージで霧が出なかったのを見たのは初めてじゃないかな! エルフィンとは接戦になっているので、何ができるか考えていきたい。明日のステージはまったく違うが、とても楽しいステージでもある。明日もエキサイティングな一日になるに違いないが、大きな差をつけるのは難しい。いつも通りプッシュを続ける」

■セバスチャン・オジエ/総合3位
「一日を終えて、いい気分だ。かなりタフなセクションもあったし、ハフレンの1回目ではグリップを読むのに苦戦した。あの1本は少し残念だったが、それ以外はいい一日だった。グリップを読むことができれば、とても楽しめるし、もちろんエルフィンは今日、大いに楽しんだと思う。ここで彼が強いことは分かっていたし、タイヤもよかったかもしれないが、それでも素晴らしいパフォーマンスだった。どんなタイヤを使おうと、いいドライビングをしなくてはマシンは走らないし、彼は今の位置にふさわしい走りをした。タイトル争いに絡むドライバーが3人とも僅差なので、戦い続けたいならプッシュしなくてはならない。明日は、楽しんで、プッシュして、戦いの進捗を見極めるのがプランだ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合4位
「一日の間に改善を行った。木曜日に受けたタイムペナルティを考えれば、満足していい結果。ペースはあるし、トップ争いができればよかったが、本格的な戦いが始まる前にそれも出遅れた。午前最初のステージではセッティングに苦戦し、ワイドになった後にエンジンがストール、タイムロスした。このループの中盤でディファレンシャルのセッティングを変更し、いくらか改善され順位を上げることができた。この日をステージウインで締めくくることができたのは励みになるし、土曜日にプッシュを続けるためのモチベーションになる」

■アンドレアス・ミケルセン/総合7位

Hyundai Motorsport GmbH

「ウェールズに来るのは、いつでもうれしいよ。自分はここでキャリアをスタートさせ、今年はヒュンダイからの参戦でドライビングも楽しい。天気は今日はよかったが、ステージはそれでも信じられないほどスリッパリーで、かなり難しかった。走行順の関係で、今日はこれ以上のことはできなかった。このグラベルステージでのマシンの挙動を学んでいるところで、対応したり学べることすべてに取り組んでいる。この週末はこの後も同じ目標。その上で、順位も上げることができればいいね」

■ダニ・ソルド/総合8位

Hyundai Motorsport GmbH

「午前のステージは、予想していた以上にスリッパリーだった。SS4(ハーフレン)のグリップはよかったので、リモートタイヤフィッティングゾーンでリピート走行ではもっとプッシュしたいと思っていた。残念ながら午後になるとグリップは再び変化していて、あまり多くのことはできなかった。ステージはとても速かったので、残り2日間で何か改善できるようにしたいと思う」

■ヘイデン・パッドン/総合9位

Hyundai Motorsport GmbH

「ラリーGBは素晴らしいラリーだが、速さを出すためには確実に必要なものがある。まず自信を持つことと、マシンが完璧に扱いやすいことだ。初日は常にアンダーステアに悩まされていたので、精神的には準備は整っていたが、今日は今一つだった。コンディションはトリッキーだったが、雨の方がありがたかった。午後のループではセッティングを変更したが、コンディションも変わったので、的が少しズレてしまった。もちろん明日は、また新しい一日が始まるので、もっと楽しんでいきたい」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合5位

TOYOTA

「今日のコンディションは、誰にとっても難しかった。夜は大雨が降り、その後道が乾き始めた。走行順が早いと湿り気があり路面がスリッパリーになるので、状況はさらに悪くなった。午前はアンダーステアに苦戦しプッシュする自信がなかったが、リグループで変更を行い、マシンのフィーリングは確実によくなった。それでも少しトラクションに苦戦していた。5位につけているのは悪くないが、明日に向けて改善できないか話し合っている」

■ユホ・ハンニネン/総合10位
「今日は簡単ではなかった。コンディションがトリッキーになることは分かっていたが、午前中はコーナーからコーナーでグリップが変化するのでグリップを評価しなくてはならず、リズムをつかむのが難しくなった。午後はドライビングの感じはそう悪くはなかったが、タイムはよくなかった。セットアップを変えて自信が得られるか、慎重に考えていく」

■エサペッカ・ラッピ/総合11位
「今日はかなりフラストレーションがたまった。とにかくグリップが不足していた。午前は自信が得られなかったが、ペースがないと自信を築くのも難しい。昨晩は全開で攻めたがかなりタイムをロスしているので、セットアップが何か違うのではないかと思う。サービスで変更を行えるので、グリップをつかめるように模索し、来年に向けて学んで行きたい」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT]
シトロエンC3 WRC

■クリス・ミーク/総合6位

CITROEN / @World

「今日の内容には、とても満足。ステージでいいリズムを維持することができた。正直、これ以上ない出来だ。走行順から考えればもう少し厳しい内容になると予想していたが、午前のグリップはかなりよく、泥が少し掃けていて、砂利石が出てきていたくらいだ。明日は、路面コンディションがもっとよくなると思う」

■ハリ・アル‐カシミ/総合28位

CITROEN / @World

「非常にタフな一日だった。こうしたコンディションを走るのは、慣れていない。ずっと氷の上を走っているような感じだった。もっと走りやすくできるかどうか、エンジニアと考えてみる」

■クレイグ・ブリーン/SS7でデイリタイア

CITROEN / @World

「丁寧な走りに務めたが、午前の滑り出しからスローパンクで1分を失ってしまった。何もヒットしていないので、こんなに速い段階で上位陣から離れてしまったのは本当に残念だ。午後はスピンして、そこに巨大な水たまりがあった。フロントから突っ込み、出ることができなかった。本当に小さなミスだったが、そこから抜け出せなかった。手を貸してくれた観客たちに感謝しているよ」



RALLY PLUS