WRCスペイン:ヌービル「いつもより長い日曜日、明日も諦めない」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:ヌービル「いつもより長い日曜日、明日も諦めない」デイ2コメント集 

©Hyundai Motorsport GmbH

ラリースペイン、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント。ドライバーズタイトルの可能性も残す重要な局面で、油圧トラブルの修復に時間がかかった上に、遅れを取り戻そうとしたリエゾンでスピン。TCインが遅れてペナルティ、と泣きっ面に蜂状態のティエリー・ヌービル。サービスなしでの6SSが設定される最終日、最後まであきらめない姿勢を見せた。
*()内は総合順位の前日比

[シトロエン・トタル・アブダビWRT]
シトロエンC3 WRC

■クリス・ミーク/総合首位(↑)

CITROEN / @World


「正直、今日はこれ以上ないほどの出来だ。コルシカとドイツで、ターマックでのC3 WRCでのポテンシャルは分かっていたが、舗装ではイベント前にテストをしていなかったので、少しだけ不安だった。リードできてとてもうれしいし、今の順位を明日は勝利につなげたい」

■ステファン・ルフェーブル/総合8位(↑)

CITROEN / @World


「初日と2日目で、グラベルからターマックに変わるのは本当に難しい。自分にとっては初めての経験でもあるからね。一日を通してミスもなく、いい成長ができたと感じている。C3 WRCのハンドリングは、自信の後押しになった。例えば、プッシュしたSS10では、ベストタイムにキロ当たりコンマ2秒差だった。経験を積みながら、明日はポジティブな形でフィニッシュしたい」

■ハリ・アル‐カシミ/総合18位(↑)
「舗装でC3 WRCの競技走行をするのは初めて。舗装のステージも1年ぶりだ! 今日の内容には満足しているし、マシンにはいいフィーリングを感じている。でも、2回目の走行では道に砂利がかなり出たので、少し抑えた」

[MスポーツWRT]
フォード・フィエスタWRC

■セバスチャン・オジエ/総合2位(=)

M-SPORT


「全体的な見え方としては、現状は自分たちにとってポジティブな流れ。明日、ポディウムを獲得できれば、タイトルにまた大きく前進できる。もちろん、優勝をかけて争いたいと思うが、現実問題クリスとの差はおそらく大きい。今日の午前は自分が完全な自信を得られず、彼からかなり遅れてしまった。1日を通して必死でセットアップに取り組み、午後はかなりフィーリングがよくなった。明日もまだプッシュしなくてはならないので、朝から同じフィーリングのままでスタートしたいね」

■オット・タナク/総合3位(↑)
「ポディウムは常に目標にしているし、それに向けていい位置につけている。今日の滑り出しはマシンのフィーリングにあまり満足できなかったが、すぐにいいバランスを見つけて、その後はよくなった。目指すのはできる限り多くのポイントを獲得すること。みんながとてもハードにプッシュしているので、差をつけるのは難しくなっている。1本を完璧に走ってもコンマ数秒差でベストタイムを逃すこともある。クリスがとても速いので、彼と競り合うのは厳しくなりそうだが、順位はいいし、チームにも自分のためにも確実にポイントを獲得することが重要だ」

■エルフィン・エバンス/総合9位(↑)
「今日もタフな一日だった。ペースがいまひとつで、とにかくグリップを得ることに苦戦した。だから、走り込んで、今後のために経験を得ることに集中しなくてはならない」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■ユホ・ハンニネン/総合4位(↑)
「とてもいい一日だった。昨日の内容には少しガッカリしたが、舗装では自分はよくなると分かっていた。それでも、午前中はあれだけいいタイムが出たことに少し驚いた。マシンには大満足だし、サービスでは何も変更する必要がなかった。午後は同じように走って、いい感触だった。総合順位はそれほど気にしていないし、上位に追い付くのは難しそうではあるが、あきらめずに明日もプッシュしていく」

■エサペッカ・ラッピ/総合6位(↑)
「今日最初のステージでは、テストの時よりもグリップが格段に高かったので十分な自信が得られなかったが、午前の間に自信をつかんでいった。セットアップには完全に満足はしていなかったが、サービスの間に向上させることができて、午後はフィーリングがとてもよくなった。特に最後から2本目のステージは、舗装ではこれまでで一番よかった。だから明日を楽しみにしている。同じ流れを続けて、パワーステージではできればポイントも獲りたい」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合5位(↑)
「正直な気持ち、今日の内容からしてみればかなりいい結果だと思っている。SS8の終盤で油圧トラブルに見舞われ、ステージのフィニッシュで、走り続けられるように修復を行った。残念ながらマシンはすぐにスタートしてくれず時間がかかったので、急いで次のステージに移動しなくてはならなかった。ブレーキの時に油圧がかからず、スピンしてしまいリヤにダメージを追った。SS9のチェックインが3分遅れたので、ペナルティを受けた。日中サービスでは、午後に向けてチームが素晴らしい仕事でマシンを修復してくれたので、またいいペースが出せるようになった。ラリーはまだ終わってはいないが、今日もフラストレーションのたまる1日になり、本来の力が発揮できなかった。午後はベストタイムもマークしたし、マシンにも満足できるようになった。これだけタイムをロスすると、戦い続けることは難しくなるが、他にトラブルが起きることもあり得る。特に日曜日は(サービスがなく)いつもより長く6本走らなくてはならない。諦めない」

■アンドレアス・ミケルセン/SS12でデイリタイア(↓)
「今日は、いい勉強になったが、願っていたような終わり方はできなかったのは確か。午前のループは、タフだった。いいリズムをつかみたかったが、序盤からアンダーステアに悩まされた。舗装では極めて精密なアプローチが求められるし、i20クーペWRCでは、舗装の走りに十分に慣れていない。その上で、最初の舗装ステージで上位に数秒遅れの内容は、とてもよかったと言える。午後はいくつか向上を試みたが、SS12でダニと同じ石にヒットしマシンにダメージを負ってしまった。明日は、また有意義に経験を積みたい」

■ダニ・ソルド/SS12でデイリタイア
「残念な一日だったというのは、かなり控えめな表現。いいドライビングができていたし、ポディウムに向けていい形で勢いをつけていた。2位に浮上したし、マシンには速さと自信を感じていた。あの衝撃が、タイヤとサスペンションにあれだけのダメージを与えたのは、本当に驚いている。明日はリズムを取り戻したいが、今回はいいリザルトを収めることもできたはずだ」

RALLY PLUS
RALLY CARS