WRCドイツ:タナク「今はどのラリーでも優勝を狙える」デイ4コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCドイツ:タナク「今はどのラリーでも優勝を狙える」デイ4コメント集 

©Naoki Kobayashi

ラリードイツ、フィニッシュ後の各ドライバーからのコメント。母国エストニアでは独立回復記念日に当たるこの日、今季2度目、自身にとっても2度目の勝利をマークしたオット・タナク。路面を問わずトップを狙える自信をみなぎらせ、タイトル争いも視野に入れていることを隠さなかった。
*()内は総合順位の前日比

[MスポーツWRT]
フォード・フィエスタWRC

■オット・タナク/総合優勝(=)
「何て言えばいいのか、とてもトリッキーなラリーだったし、優勝候補がたくさんいたが、自分たちはすべて正しい方向に流れが向いた。ターマックで勝ち、グラベルでも勝てることは分かっているので、今はどのラリーでも優勝に挑めない理由はない。マシンは週末をとおして素晴らしかったので、このイベントに向けて必死に取り組んでくれたチームに、心から感謝している。そこから大きな自信をもらったし、コンディションが少し安定している時は、とにかくドライビングが楽しかった。
最高の週末だったし、金曜日に差をつけることができたと思う。とてもクリーンな走りができ、タイヤチョイスにも勇気を奮い、それがいい流れを作った。その後は、ただリードをコントロールするだけだった。2度目の優勝はいい気分だし、残りの3戦は上位にいるライバルを視野に入れて選手権リード自体のことも考えてもいいと思う。もし選手権を戦いたいなら、勝ち続けなくてはならない。それが自分の考えていることだ」

■セバスチャン・オジエ/総合3位(=)

M-SPORT


「選手権の面ではポジティブな週末だったし、リードを17ポイントに戻した。どんな時でも、一番重要な目的だ。もちろん、もっと上を狙いたかったし優勝に挑めればよかったが、悪い週末でもなかった。金曜日は、厳しい滑り出しだった。ブドウ畑のステージでのセッティングが合わず、おそらく選んだタイヤも間違っていたのだと思う。ウエットタイヤがとてもいい働きをすることを今は分かったが、あまり経験がなく戦いがタイトな時はリスクを負うのは難しい。そこからはよかったが、ティエリーが止まった時点で、リスクを負う必要がなくなった。アンドレアス・ミケルセンとはそれほど離れていなかったが、彼も速さがあったし、あと3ポイント増やすためだけにリスクを負える状態ではなかった。次戦まで少し間が空くので、残り3戦で最後のプッシュをできるようにするため、休暇を楽しむよ」

■エルフィン・エバンス/総合6位(↓)
「ベストの週末ではなかったが、こんな時もある。ペースがかなり良かった時は、どのステージでもできる限りハードにプッシュした。しかし、路面変化が多いので、たぶんそれに苦戦したと言った方がいいのだろう。コルシカからいい成長ができていることは、とてもポジティブなことだし、チーム全体としてはとてもいいリザルトなので、次戦を楽しみにしている」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT]
シトロエンC3 WRC

■アンドレアス・ミケルセン/総合2位(=)

CITROEN / @World


「とてもうれしい。この2位は自分のキャリアの中で、最高の2位だよ! シトロエン・レーシング、(コ・ドライバーの)アンデルス、自分が、この週末にやり遂げたことを誇りに思う。デイ1は走行順が遅かったが、限界までプッシュすることで首位争いに留まることができた。その後は、いくつかマイナーミスがあったが、セバスチャン・オジエを抑え切ることができて、満足だ」

■クレイグ・ブリーン/総合5位(↑)

CITROEN


「また5位なんて、もはや信じ難いけど、自分たちの安定感が示された。スタートからフィニッシュまで、プッシュした。パワーステージの最後のジャンプは、自分ではこれ以上無理という速さだった。実際、かなり強く着地したので、フロントガラスにヒビが入ったよ! でも、トップ5に食い込むことができたので、全体としてはかなりポジティブな週末。このイベントの経験が少なかったが、今回は多くのことを学んだので、将来にも活かしていける」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■ユホ・ハンニネン/総合4位(↑)
「このリザルトには、とても満足だ。初日はかなりタイムをロスしたが、その後の流れはよかった。マシンは素晴らしく、フィーリングもよかった。今日の午前はプッシュを楽しむことができたし、その後は少し抑えた。今シーズンの前半と比べれば、とてもポジティブだ」

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合7位(=)

TOYOTA / @World


「今日最初のステージでは、自分は少し遅かった。まだ、ちゃんと起きていなかった(笑)。2本目は、とてもうまく行った。好きなステージだし、パワーステージに向けてもいいフィーリングが得られていた。残念ながら、ステージのかなり早い段階の左コーナーで何かに接触してしまい、パンクを警戒してプッシュしなかった。それでも、ラリーの序盤でのトラブルを思えば、ポイントを獲得できたのは良かった」

■エサペッカ・ラッピ/総合21位(↑)

Naoki Kobayashi


「昨晩はかなり分析して、自分が悪かったところを見つけたので、今日はかなり改善された。2本目のステージはとても良かった。次の1本では、ブレーキが遅過ぎてコースオフしてしまい、エンジンがストールした。パワーステージはかなりラッキーで、とても危ない場面があった。でも、今日の自分の速さには、満足しなくてはならない」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ヘイデン・パッドン/総合8位(=)

Hyundai Motorsport GmbH


「コンディションがより安定してきた時は、昨年に比べてパフォーマンスが向上しているところを見せられたことは、このタフな週末から得られたポジティブな要素だ。シーズンの中でも厳しいラリーになることは分かっていたので、走り切ることができてうれしいし、いいタイムも出せた。これから1ヶ月ほどニュージーランドに帰るが、その間、いくつかグラベルラリーに参戦する予定なので、楽しみにしている。それからヨーロッパに戻り、いいリザルトでシーズンを終えられるようプッシュを始める」

■ダニ・ソルド/総合34位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH


「自分たちが願っていたラリーにはならなかったので、パワーステージで勝って終えることができてよかった。この週末、トラブルがなければどこまで行けていたかを示している。金曜日の自分のミスで好リザルトへの望みが消えてしまい、自分自身にガッカリしている。チームには本当に申し訳なく思うが、この2日間はいいパフォーマンスが出せるように努めていた。今は、次の母国スペインでのラリーを楽しみにしている。ポディウムに上がるために全力を尽くすし、できる限り最善の形でシーズンを終えるようにしていきたい」

■ティエリー・ヌービル/総合44位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH


「午前は、小さなミスが多過ぎたし、i20クーペWRCのハンドリングに苦戦した。土曜日は、最終日のステージにベストな流れを作れるほどマシンに乗ることができなかった。トップを狙っていたラリーでこれしか走れなかったのは、言うまでもなくすごく残念に思っている。選手権は終わっていない。シーズン最後の3戦で状況をひっくり返すために、すべてを尽くす」



RALLY CARS