ラリプラ208 R2、ラリー北海道の難関グラベルに挑むも無念のリタイア – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリプラ208 R2、ラリー北海道の難関グラベルに挑むも無念のリタイア

©PEUGEOT

「YH クスコラリープラス208 R2」(以下、ラリプラ208 R2)は、9月15日(金)~9月17日(日)に北海道帯広市周辺で開催された2017年全日本ラリー選手権第7戦「RALLY HOKKAIDO」に参戦しました。

ドライバーは、ラリプラ208 R2で2度目の全日本ラリー選手権参戦となる川名賢。今回は、コ・ドライバーに島津雅彦を迎えての出場です。RALLY HOKKAIDOは、FIAアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)が併催され、ステージ走行距離が200km近くを走行するビッグイベントです。 APRC参戦車両の後に全日本選手権参戦車両が走行するため、路面はかなりラフな状態となります。マシンへの負担も大きく、序盤からリタイアが続出するサバイバルラリーとなりました。

ラリプラ208 R2が出場するJN5クラスには、5台がエントリーしました。本格的な林道ステージが始まった16日、ラリーの山場と目されていた28.75kmのロングステージでは、川名/島津組が同クラスのライバルに28.6秒の大差をつけるベストタイムをマーク! さらにステージ勝利を2回重ね、クラス首位で日中サービスに戻りました。しかし、その後、ロングステージの再走で、ウォーターポンプのベルトに石が挟まり切れてしまうトラブルが発生。この結果、オーバーヒートしたエンジンが止まってしまい、残念ながらここでリタイアとなりました。

ドライバー川名賢選手のコメント
「今回は長丁場のイベントなので、序盤は様子を見ながら、ロングステージで勝負をかけようと思っていました。ここでマシンがしっかり応えてくれて、首位で最初のサービスに戻りました。しかし、その後のSS8で、コース上の石を噛んでウォーターポンプベルトが切れてしまいました。リタイアという結果は悔しく思いますが、プジョー 208 R2の優位性をあらためて実感することもできました。エンジンはよく回り、サスペンションの追従性も素晴らしい。乗っていてすごく楽しいラリーカーなので、次にドライブできる機会を楽しみにしています」

次回の参戦は、11月3日~5日にかけて愛知県新城市周辺で開催される「新城ラリー2017」。再びチャンピオン柳澤宏至選手がステアリングを握ります。引き続き応援よろしくお願いします!



RALLY PLUS