全日本ラリー洞爺:川名賢ラリプラ208 R2が今季初優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー洞爺:川名賢ラリプラ208 R2が今季初優勝

©RALLY PLUS

6月30日(金)〜7月2日(日)に北海道洞爺湖町周辺で開催された2017年全日本ラリー選手権第6戦「2017 ARK ラリー洞爺 Supported by Sammy」に参戦したプジョー 208 R2が、JN5クラス今季初優勝を達成した。

「YHクスコラリープラス208 R2」を駆るのは川名賢/保井隆宏のコンビ。今季第6戦洞爺と第7戦ラリー北海道で、柳澤宏至/中原祥雅組に代わり出場する。

デイ1を終えた段階で20台が脱落するという大荒れのサバイバルラリーとなったが、川名/保井組はきっちりと生き残り、クラス首位(総合5番手)まで登り詰めることに成功。選手権を大きくリードしている小濱勇希/馬場雄一(シトロエンDS3 R3-MAX)がクラス2番手、鷹野健太郎/ヤナのMINIが3番手となった。

デイ2でも川名は好ペースを維持、この日の7SS中5SSでJN5クラスのベストタイムを獲得する速さを見せてリードを拡大、今シーズン初勝利を獲得した。

RALLY PLUS

川名賢
「今回はプジョー 208 R2で初めて出場するラリーでしたが、それまでのR3マシンよりも癖がなく、とても乗りやすいマシンという印象でした。デイ1の段階で、後続にかなり差をつけることができ、2日目は次戦のラリー北海道を視野に入れて色々と試しながら走ることができました。自分の課題やスムーズにクルマを動かす方法なども見つけることができましたので、このままいい流れで北海道に向かっていきたいですね」



ワールドラリーカレンダー2019