訃報:名コドライバーの小田切順之氏が亡くなる – RALLYPLUS.NET ラリープラス

訃報:名コドライバーの小田切順之氏が亡くなる

 

 JAF公認クラブのマツダ・スポーツ・カークラブ(MSCC)会長の小田切順之(おだぎり・のりゆき)氏が17日夜、闘病生活ののち亡くなられた。享年61。

 氏が会長を務めるMSCCは、全日本ラリー選手権「がんばろう福島! MSCCラリー2013」を6月9日に開催、終了したばかりだった。

 氏はMSCC会長だけではなく、名ラリー・コドライバーとしても知られている。昭和46(1971)年にラリーをスタート。アドバン・ラリーチーム加入後は大庭誠介、藤田哲也、片岡良宏、奴田原文雄選手のコドライバーを務めた。なかでも奴田原選手とは1999、2000、2002、2003、2005、2006年と6度の全日本タイトルを獲得した。

 2012年には、ヒストリックカーのラリー「レジェンド・オブ・ザ・ラリー」を開催した。氏のご冥福をお祈りする。



RALLY PLUS
RALLY PLUS