全日本ラリーハイランドマスターズ:鎌田卓麻が11年ぶりに総合優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリーハイランドマスターズ:鎌田卓麻が11年ぶりに総合優勝

©RALLY PLUS

全日本ラリー選手権第8戦「第44回M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2016 Supported by Sammy」は10月16日(日)に競技最終日となるデイ2の走行が行われ、初日首位の鎌田卓麻/市野諮(スバルWRX STI)がこの日もトップの座を守り切り、今季初優勝を飾った。

2014年はBRZで年間4勝を獲得して当時のJN5クラスチャンピオンを獲得した鎌田だが、総合優勝は2005年の第2戦福島、第3戦北海道以来、11年ぶり3回目となる。2位には勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)が入賞し、今回3位となったシリーズポイントトップの奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションⅩ)との差を7.1ポイント差に縮め、タイトル争いは最終戦まで持ち越されることになった。

初日と同じく快晴に恵まれた2日目。この日も鎌田は好調をキープし、2日目オープニングのSS7と続くSS8を連取し、初日2番手の勝田との差を12.7秒に広げる。一方、勝田もSS9を制し反撃。さらに2ループ目に入ると奴田原が一気にペースを上げ、SS10でベストタイムを奪い2番手の勝田との差を3.1秒差に詰めてくる。勝田とともに奴田原も追い上げてくる展開となったが、「SS9は落ち葉があったので、念のためにペースを抑えましたが、あまり抑えすぎるのも逆に危ないので、序盤のペースをキープして走ります」という鎌田は、最終SS前のSS11で決定打ともいえる7本目のベストタイムをマーク。最終SSで勝田は鎌田との差を5.2秒詰めるスーパーアタックを見せるものの合計タイムでは3.1秒届かず、鎌田が11年ぶりとなる総合優勝を飾った。
「最後のSSは抑えながら、攻めるところは攻めながら走ったのですが、勝田選手もかなり攻めていたので、追い詰められてビックリしました(笑)。ホッとしたというのが正直な気持ちです。勝つことができて本当に良かった。ハイランドマスターズは昨年リタイアしているので今日のステージはあまり経験がないのですが、初日のステージとイメージを変えずに走り切れたことが良かったのと、今回は本当にクルマが良かった。仕上げてくれたチームスタッフに感謝しています」と喜びを語った。

2位の勝田は、「かなり攻めましたが、鎌田選手も速く残念ながら届きませんでした。でも、奴田原選手の上でフィニッシュできたので本当に良かった。最終戦で逆転するチャンスがあるので、全力で戦います」とコメント。3位の奴田原も、「最終戦は勝った方がチャンピオンになる状況なので頑張ります」と、チャンピオン争いの最終決戦に向けての意気込みを語った。

JN5クラスは、初日トップの新井大輝/小坂典嵩(シトロエンDS3 R3-MAX)が、この日も次々とベストタイムを重ね独走。最終SSこそヘイキ・コバライネン/北川紗衣(GT86 CS-R3)に0.5秒届かずベストタイムを譲るが、エンジン不調に苦しみながらも総合4位でフィニッシュした父の新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)に34.7秒差に迫る総合5位という好成績でクラス優勝を果たした。「今年1年間、海外のチームで難しいステージを走ってきたことが、少しずつ機能してきているような気がしています。自分のペースノートを信じながら走り続けました」と新井(大)。自身にとって初の全日本優勝を果たした。

一方、柳澤宏至/中原祥雅(プジョー208 R2)と大倉聡/豊田耕司(トヨタ・ヴィッツGRMNターボ)のチャンピオン争いは、SS10で大倉を逆転した柳澤が、大倉の追撃をかわし2位に入賞。有効ポイントの差で、柳澤が自身初となる全日本チャンピオンを獲得した。「今回で決めたかったので、嬉しいと同時にホッとしています。コ・ドラの中原さんのチャンピオンはまだ決まっていないので、最終戦もしっかりと走り切りたいと思います」と喜びを語った。

JN4クラスは、初日トップの石川昌平/石川恭啓(トヨタ86)を追いかける横嶋良/木村裕介(スバルBRZ)が、2日目オープニングのSS7で転倒リタイアという波乱の展開となった。横嶋の離脱により、独走態勢となった石川はこの日の6SS中5本のSSでベストタイムをマーク。初日のデイポイントを合わせて自身初となるフルポイントを獲得し、今季3勝目となった。2位には曽根崇仁/桝谷知彦(トヨタ86)が入賞し、自身初となる全日本チャンピオンの座を掴んだ。

JN3クラスは、チャンピオンの天野智之/井上裕紀子(トヨタ・ヴィッツRS)が、ギャラリーステージでアンダーガードをヒットして失うトラブルがありながらもライバルを寄せ付けず優勝。今季7勝目という圧倒的強さを発揮した。2位には、SS7で唐釜真一郎/松浦俊朗(マツダ・デミオ)を逆転した島田章/内藤雄樹(マツダ・デミオ)が、昨年に続き2位に入賞。3位には「2日目はいろいろとミスがありすぎた」と嘆く唐釜が入賞した。

JN2クラスは、「チャンピオンを獲得するためには残り2戦でフルポイントを獲らなければならない」という小濱勇希/馬場雄一(スバルBRZ)が、その言葉どおりに優勝を飾りフルポイントを獲得。最終戦は、今回2位に入賞した明治慎太郎/北田稔(トヨタ86)との決戦となる。また、「楽しく3位争いを展開することができた」という加納武彦/横手聡志(スバルBRZ)が、鎌野賢志/蔭山恵(トヨタ86)とのバトルの末、表彰台の一角を掴んだ。

JN1クラスは、初日トップの鈴木尚/山岸典将(スズキ・スイフトスポーツ)が、須藤浩志/新井正和(スズキ・スイフトスポーツ)を抑え、昨年に続き2連覇を達成。須藤との直接対決では初の師匠越えを果たした鈴木は、表彰台で「マシン製作を深夜まで手伝ってくれた仲間と、叱咤激励し続けてくれた師匠のおかげ」と感涙。最終戦はタイトルを懸け、師匠との対決となる。また、3位には若手ドライバーの伊藤隆晃/大高徹也を起用したプレイドライブ・ラリーチームの日産マーチNISMO Sが、チーム初となる表彰台を掴んだ。

順位クラスドライバー/コ・ドライバー車名タイム/差
1JN6-1鎌田卓麻/ 市野諮SYMS TEIN DL WRX STI1:05:00.4
2JN6-2勝田範彦/石田裕一ラックSTI 名古屋スバル DL WRX+3.1
3JN6-3奴田原文雄/佐藤忠宜ADVAN-PIAAランサー+11.2
5JN5-1新井大輝/小坂典嵩MATEX-ZEUS KYBDL DS3+1:52.0
11JN4-1石川昌平/石川恭啓ARTAオートバックス86+4:20.4
12JN2-1小濱勇希/馬場雄一YH フェイスクラフト BRZ+4:53.8
18JN3-1天野智之/井上裕紀子豊田自動織機・DL・ヴィッツRS+6:31.1
20JN1-1鈴木尚/山岸典将スマッシュ DL itzzコマツスイフト+7:17.7
RALLY CARS
RALLY PLUS