全日本ラリー新城:勝田が8度目のタイトル獲得、JN2は猪股が初戴冠 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー新城:勝田が8度目のタイトル獲得、JN2は猪股が初戴冠

©RALLY PLUS

全日本ラリー選手権第9戦「新城ラリー2017」は、11月5日(日)にデイ2の競技が行われ、勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)がデイ1で築いたリードを維持し続け、2年連続8回目の全日本タイトルを手にした。

デイ2のSSは6本。この日最長となる10.564kmの「長篠設楽原」、デイ1にも使用したハイスピードな「鬼久保」とギャラリーSSの「県営新城公園 Rev」の3SSを2回ずつループする35.836km。新城総合公園で行われるセレモニアルフィニッシュで、今季の全クラスのチャンピオンが決定する。

JN6クラスは、デイ1で大きく引き離された新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が勝田に追いつけるかが最大のトピック。オープニングのSS9で幸先よくベストタイムをマークした新井だったが、勝田は焦ることなくじっくりとデイ2を攻略。新井も勝田とのタイム差を縮め切ることはできず、勝田がホームラウンドの新城ラリーを3連覇するとともに、8度目となるJN6クラスのチャンピオンに輝いた。2位は勝田との差を25秒まで縮めた奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションX)が獲得、今季最後のSSでベストタイムを奪った福永修/齊田美早子(三菱ランサーエボリューションX)が3位を獲得した。新井が4位、鎌田卓麻/市野諮(スバルWRX STI)は5位に終わった。

120ポイントの猪股寿洋と、111ポイントで追う明治慎太郎の最終決戦となったJN2クラス。デイ1を終えて明治が猪股を大きく引き離す展開となったが、明治にはすでに自力チャンピオンへの道はなく、猪股は明治に対し9ポイント以上の差を付ければ、シリーズチャンピオンが決まるという展開だ。そんな明治は、デイ2もリードを活かして猪股に1分の差をつけて優勝ものの、この日のデイポイントトップは最終SSでベストタイムを刻み3位に入賞した猪股の手に。その結果、両者ともシリーズポイントは136ポイントで並ぶこととなり、規定により上位得点の獲得回数が多い猪股(第7戦ラリー北海道37ポイント)が、自身初となるシリーズチャンピオンを獲得することとなった。2位には、鈴木尚/鈴木裕が入賞した。

JN5クラスは、川名賢/保井隆宏(シトロエンDS3 R3-MAX)がスパートをかけ、SS9〜13までベストタイムを奪う。しかし、最終のSS14で川名はクラッシュしてリタイア。結局、小濱勇希/馬場雄一(シトロエンDS3 R3-MAX)が今季6勝目を獲得した。2位にはプジョー208 GTiで久々に参戦した柳澤宏至/加勢直毅が入賞、そしてアバルト500ラリーR3Tを駆る眞貝知志/安藤裕一が、今季最上位の3位でシーズンを締めくくった。

JN4クラスは、山本悠太/藤田めぐみ(トヨタ86)を20秒後方から曽根崇仁/桝谷知彦(トヨタ86)が攻め立てる展開となったが、曽根の追い上げもわずか1.9秒届かず、山本が今季3勝目を獲得。2位に曽根、3位に山口清司/山本磨美(トヨタ86)が食い込み、シリーズランキング3位を獲得した。

JN3クラスは3番手の内藤学武/小藤桂一(マツダ・デミオ)が6SS中4SSでベストタイムと奮闘するも、天野智之/井上裕紀子(トヨタ・ヴィッツRS)がデイ1で築いたリードを奪うことはかなわず、天野が9戦全勝という圧倒的な強さで最終戦を飾った。2位の大倉聡/豊田耕司(トヨタ・ヴィッツCVT)はSS10の高速セクションでリヤサスペンションにダメージを受けるものの、サービスで修復を果たし自身初の新城ラリーで表彰台を獲得した。デイ2で速さを見せた内藤は、今季5度目の表彰台となる3位入賞を獲得した。

須藤浩志/新井正和(スズキ・スイフトスポーツ)がデイ1で首位を奪ったJN1クラスは、12.5秒差で追いかける伊藤隆晃/大高徹也(日産ノートNISMO S)がSS10で8.8秒まで差を縮めたものの、最終SSで壁にヒットし、大きくタイムロス。須藤有終の美でシーズンを終え、2位に伊藤、3位には、デイ2でサスペンションが折れるトラブルがあったものの、古川寛/池田孝之(スズキ・スイフトスポーツ)となった。

■新城ラリー2017 正式結果
1. JN6-1 勝田範彦/石田裕一 ラックSTI 名古屋スバル DL WRX 1:08:35.7
2. JN6-2 奴田原文雄/佐藤忠宜 ADVAN-PIAAランサー +25.0
3. JN6-3 福永修/齊田美早子 555☆OSAMU・F☆DLランサー +30.7
6. JN5-1 小濱勇希/馬場雄一 KYB DUNLOP DS3R3 MAX +2:20.7
8. JN2-1 明治慎太郎/北田稔 YHGd高崎くす子86 +2:58.5
14. JN4-1 山本悠太/藤田めぐみ Sammy☆K-one☆ルブロスYH86 +4:03.1
17. JN3-1 天野智之/井上裕紀子 豊田自動織機・DL・ヴィッツRS +4:40.5
23. JN1-1 須藤浩志/新井正和 スマッシュBRIGダイニチYHスイフト +6:09.7



RALLY CARS
ワールドラリーカレンダー2018