SUBARU「WRX STI」大幅改良モデルを発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

SUBARU「WRX STI」大幅改良モデルを発表

©SUBARU

SUBARUは、「WRX STI」の大幅改良モデルを2017年5月24日に発表し、6月20日に発売する。

WRX STIは、圧倒的なスポーツ性能と4ドアセダンの実用性を兼ね備えた、スバルのAWDスポーツパフォーマンスを象徴するスポーツセダン。今回の改良では、新電子制御マルチモードDCCDの採用による車両のハンドリング性能向上や、新開発brembo製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ、新開発19インチアルミホイール&タイヤの採用によるコーナリングの限界性能向上を図っている。

SUBARU

加えて、ステアリング連動ヘッドランプやドライバーの前方確認をサポートするフロントビューモニター、アウトドアライフをより充実させるルーフキャリアブラケットを採用することにより、安全性能及び実用性も強化。走行性能・安全性能・実用性を高次元で融合させることで生まれる、WRXシリーズ独自の価値を更に追求した。また、外装デザインを刷新するとともに内装の質感も向上している。

価格は「WRX STI」が386万6400円(税込)、「WRX STI Type S」が406万800円(税込)。

【WRX STIの主な改良内容】
■ デザイン
<エクステリア>

・ 新デザインフロントバンパー
・ 19インチアルミホイール(ダークガンメタリック塗装)&245/35R19タイヤ
<インテリア>
・ インパネ加飾パネル&ドアスイッチパネル(ハイグロスブラック)
・ 運転席&助手席8ウェイパワーシート付RECAROフロントシート
  (レッドステッチ+レッドアクセント+STIロゴ入り)
・ レッドカラーシートベルト
・ マルチファンクションディスプレイ(高精彩9インチ大型カラー液晶)
・ ディーラー装着オプションで、8インチサイズナビゲーションを設定
■ メカニズム
・ 新電子制御マルチモードDCCD
・ brembo製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ
  ドリルドディスクローター&モノブロック対向6ポット/2ポッドキャリパー(イエロー塗装、STIロゴ入り)
・ サスペンション設定最適化
■ 安全性・実用性
・ LED2灯ハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
・ フロントビューモニター
・ ルーフキャリアブラケット

RALLY CARS