WRCアルゼンチン:競技2日目、Mスポーツのエバンスが快走 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアルゼンチン:競技2日目、Mスポーツのエバンスが快走

©M-SPORT

WRC第5戦アルゼンチンは、4月28日(金)の競技2日目を終えて、Mスポーツのエルフィン・エバンスが序盤から快走を披露し、総合2番手のマッズ・オストベルグに55.7秒の差をつけてラリーをリードしている。

HYUNDAI

この日行われたのは、SS2〜SS9までの計8SS。コルドバ南部に設けられた20km前後のステージと、カルロス・パス近郊のスーパーSSを2回ずつ走行する。SS合計距離は140.56km。ラリーは9番手スタートのエバンスと7番手スタートのクリス・ミーク(シトロエン)が走行順を利して前に出る展開で始まった。SS3もその勢いは変わらず、英国人ドライバーふたりが首位と2番手でラリーを引っ張る格好に。

CITROEN

ところが、総合2番手のミークはSS4でコースオフ、早々にデイリタイアを喫することとなった。この結果、トヨタのヤリ‐マティ・ラトバラが総合2番手に浮上。また、このSS4では同じシトロエンのクレイグ・ブリーンもギヤボックスを破損し、シトロエン勢は初日で戦線離脱を余儀なくされる波乱の序盤となった。

ラリーは2台同時走行のスーパーSSとサービスを経て、午後のループへ。SS6では、総合2番手につけていたラトバラが、メキシコと同様のエンジントラブルに見舞われてペースを落とし、総合3番手にドロップ。代わってマッズ・オストベルグが2番手に浮上している。さらにラトバラはSS8で右後輪をパンク、さらにタイムをロスして総合6番手まで順位を落としている。

TOYOTA

SS9までを終えて、首位はSS2〜SS7まで6連続ベストタイムを記録したエバンス。総合2番手にオストベルグ、3番手にはヒュンダイのティエリー・ヌービルがつけている。以降セバスチャン・オジエ、オィット・タナックとMスポーツ勢が続き、総合6番手にラトバラという上位陣のオーダーとなっている。2番手のオストベルグから5番手のタナックまではそれぞれ5〜6秒前後の差しかなく、4人による2番手争いはさらに熾烈となりそうだ。

競技3日目はSS10〜SS15の6SSで、3カ所のステージを2度ずつ走行する構成。総SS距離は160kmとなっており、勝負どころの1日となる。なかでも、ラリー最長距離の38.68kmをもつ名物ステージのエル・コンドル(SS11/14)は、ターニングポイントとなる可能性が高いと言えるだろう。オープニングステージのSS10は、日本時間の28日(土)20:04にスタート。

WRCアルゼンチンSS9終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC1:24:55.4
2マッズ・オストベルグフォード・フィエスタWRC+55.7
3ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+1:00.7
4セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+1:06.7
5オット・タナクフォード・フィエスタWRC+1:11.3
6ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+1:29.9
7ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRC+3:41.8
8ロレンツォ・ベルテッリフォード・フィエスタWRC+4:13.9
9ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+4:48.6
10ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR5+6:32.3


ワールドラリーカレンダー2021発売中!!