WRCアルゼンチン:競技3日目、エバンスが僅差の首位堅持 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアルゼンチン:競技3日目、エバンスが僅差の首位堅持

©M-SPORT

WRC第5戦アルゼンチンは、4月29日(土)の競技3日目を終え、Mスポーツのエルフィン・エバンスが総合首位をキープ。総合2番手のティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)とは11.5秒の差となっている。総合3番手は順位を上げたオット・タナク(Mスポーツ)。

HYUNDAI

競技3日目はSS10〜SS15の6SS。3カ所のステージを2度ずつ走行する構成だ。マッズ・オストベルグ、ヌービル、セバスチャン・オジエ(Mスポーツ)、オット・タナク(Mスポーツ)ら4人のドライバーによる熾烈な2番手争いが注目を集めた。

オープニングのSS10ではエバンスがベストタイム。オストベルグは油圧系統にトラブルを抱えセンターデフが機能しなくなり、8番手タイムに留まった。これによりヌービルは総合2番手に浮上。最長ステージのSS11(38.68km)では、タナクがSS3番手タイムを刻んでチームメイトのオジエを逆転。総合4番手に駒を進めた。午前中のSS12までを終え、総合首位エバンスと2番手ヌービルの差は44.1秒と縮まっている。

TOYOTA

ラリーはサービスを挟んで午後のループへ。SS13でベストタイムをたたき出したタナクは、前を行くオストベルグをかわして総合3番手に順位を上げた。続くSS14(SS11の再走ステージ)ではヌービルとタナクが同タイムの一番時計。一方、総合4番手につけていたオストベルグはここでマシンを破損し戦線離脱の憂き目に遭うこととなった。さらに首位のエバンスはリヤディフューザーを失い、大きくタイムロス。ヌービルから遅れること15.1秒のSS6番手タイムにとどまった。

CITROEN

この日最後のSS15では、ヌービルが2連続ベストタイムの快走を披露。エバンスはマシンのフィーリングが悪くタイムを伸ばせずに18.9秒を失うSS6番手タイム。この2SSによりふたりの差は一気に縮まり、わずか11.5秒となった。

競技3日目までを終えて、上位陣のオーダーはエバンス、ヌービル、タナク、オジエ、トヨタのヤリ‐マティ・ラトバラのトップ5となっている。なお、再出走のシトロエン勢は、クレイグ・ブリーンがオイルリークの症状を修復できず再びリタイア、クリス・ミークはSS11、SS12で連続ベストタイムをたたき出す速さを見せたが、SS14でクラッシュ。クルーにケガはないが、マシンは大きなダメージを受け、リタイアを余儀なくされている。

エルコンドル‐コピナ、ミナクラベロという名物ステージで構成される競技最終日は3SS、55.28km。エバンスが11.5秒差を守って自身初勝利、そしてDMACKタイヤのWRC初勝利を飾るか、あるいはヌービルが逆転し今シーズン初の2連勝を達成するのか、最終日の戦いから目が離せない。

WRCアルゼンチンSS15終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC2:53:45.7
2ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+11.5
3オット・タナクフォード・フィエスタWRC+26.8
4セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+49.9
5ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+1:24.6
6ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRC+4:26.7
7ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+9:34.3
8ロレンツォ・ベルテッリフォード・フィエスタWRC+12:10.0
9ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+13:26.8
10ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR5+13:57.5
RALLY PLUS