WRCフランス:初日を終えてシトロエンのミークが首位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフランス:初日を終えてシトロエンのミークが首位

©CITROEN

WRC第4戦フランス(ツール・ド・コルス)は、金曜日の競技初日を終えて、シトロエンのクリス・ミークが総合首位、2番手にはMスポーツのセバスチャン・オジエ、3番手にはヒュンダイのティエリー・ヌービルがつけている。

この日はアジャクシオをスタート、31.20kmと29.12kmのステージを2ループし、バスティアに移動して最終サービスを受けるという構成。昼のサービスの設定がないため、1日を通してマシンを労った走行が求められる。

M-SPORT

最初のステージは31.20kmのSS1。ここでベストタイムをたたき出したのはシトロエンのミークだ。前戦メキシコで劇的な優勝を果たした勢いをそのままに、このステージ2番手のオジエに5.7秒の差をつける快走を披露した。ミークから遅れること11.0秒、SS3番手にはヒュンダイのティエリー・ヌービル。さらにMスポーツのオット・タナク、ヒュンダイのダニ・ソルドが続き、トヨタのヤリ‐マティ・ラトバラは22秒4差のSS7番手タイムであがった。ユホ・ハンニネンは橋の縁石にヒットしてステアリングアームを曲げてしまい、ここでデイリタイアとなった。

HYUNDAI

続けて行われたSS2は、またしてもミークがベストタイム。オジエが3.2秒差でSS2番手に続き、ヌービル、タナク、ラトバラというオーダーとなった。1ループ目を終えた段階での上位陣の総合順位は、首位ミーク、2番手はオジエ、3番手にヌービル。以降、タナク、ソルド、シトロエンのクレイグ・ブリーンと続いている。

ラリーは昼のサービスを挟むことなく2回目のループへ。SS3のベストタイムはオジエ。2番手には0.8秒差でミーク、6.2秒差でヌービルと続く。総合4番手につけていたタナクはコースを外れディッチにスタック。脱出に手間取り7分のタイムロスを喫し、総合23番手にまでドロップしてしまう。これでソルドは総合4番手に浮上、ブリーンが総合5番手となった。ふたりの差はわずか1.5秒と接近している。

TOYOTA

この日最後のSS4は、再びミークが制した。オジエはミークに2.2秒差の2番手タイム。ブリーンはこのステージを4番手タイムでまとめ、ソルドを逆転して4番手に浮上した。

この日すべてのステージを終えて、総合首位はミーク、2番手オジエ、3番手にヌービル、そして4番手にブリーンという結果となった。トヨタの最上位はラトバラが総合6番手。ブリーンと総合5番手につけるソルドの差は1.4秒となっており、明日以降のバトルにも注目が集まる。

4月8日土曜日の競技2日目はSS5〜SS8の4SS。サービスパークのあるバスティア近郊の2ステージを走行し、昼サービスを実施。午後は同じステージを再走する。SS合計距離は131.92kmと、勝負の山場になると見られる。

WRCフランスSS4終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1クリス・ミークシトロエンC3 WRC1:16:32.1
2セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+10.3
3ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+25.8
4クレイグ・ブリーンシトロエンC3 WRC+52.4
5ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+53.8
6ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+1:00.2
7ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRC+1:18.8
8ステファン・ルフェーブルシトロエンC3 WRC+2:07.6
9アンドレアス・ミケルセンシュコダ・ファビアR5+2:57.3
10ステファン・サラザンシュコダ・ファビアR5+3:17.8
RALLY CARS