WRCポーランド:デイ2もタナックが首位を堅持 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポーランド:デイ2もタナックが首位を堅持

©M-SPORT

WRC第7戦ポーランドは、デイ2のSS17までを終えて、前日に引き続きDMACK WRTのオィット・タナックがリードを広げて首位を堅持している。2番手にはフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセン、3番手にはヒュンダイのヘイデン・パッドン。セバスチャン・オジエは1分以上のタイム差を空けられて総合6番手につけている。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

デイ2はSS11〜17までの7SS。3SSを2度走行し、ミコワイキでのスーパーSSを走るという構成となっている。マージンを稼ぎたいタナックは午前中の3SSすべてでベストタイムという好走を披露。4.2秒だったミケルセンとの差を18秒にまで広げることに成功した。

HYUNDAI

HYUNDAI

午後のステージに入るとミケルセンもペースアップし、SS14ではベストタイム、SS15でもタナックのタイムを上まわる速さで追撃を試みる。しかしSS16、ミケルセンはジャンクションをオーバーシュートし痛恨のタイムロスを喫し、ふたりの差は19.5秒に拡大することに。さらに、この日最後のスーパーSSをタナックが制し、ミケルセンとの差は21.3秒となった。また、SS15ではシトロエンのステファン・ルフェーブルが初のベストタイムを獲得している。

CITROEN

CITROEN

総合3番手はパッドン。前を行くミケルセンとの差は6.5秒とわずかに広がったものの、最終日に向けて射程圏内と言えるだろう。前日4番手につけていたオジエは奮わず、この日SSでは5〜6番手タイムにとどまったため、総合順位も6番手にドロップ。タナックとのタイム差は1分8秒1となった。これによりヒュンダイのティエリー・ヌービルが総合4番手、フォルクスワーゲンのヤリ‐マティ・ラトバラが総合5番手に浮上している。

M-SPORT

M-SPORT

後続も大きな順位の変動はなく、7番手にルフェーブル、8番手にチームメイトのクレイグ・ブリーン。9番手はMスポーツのエリック・カミリ10番手は同じくMスポーツのマッズ・オストベルグとなっている。

競技最終日はSS18〜21の4SS。距離にして59.6kmと短いが、接近した上位陣がどう走るかに注目が集まる。すでに今シーズンはここまで5人のウイナーが誕生しており、6人目の勝者が増える可能性も高そうだ。SS18は日本時間で7月3日(日)15時20分スタート予定。

順位ドライバーマシンタイム/差
1オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC2:05:37.2
2アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+21.3
3ヘイデン・パッドンヒュンダイi20 WRC+27.8
4ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC+43.5
5ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+1:04.5
6セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC+1:08.1
7ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+1:21.2
8クレイグ・ブリーンシトロエンDS3 WRC+1:33.2
9エリック・カミリフォード・フィエスタRS WRC+2:10.6
10マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+2:14.9


ワールドラリーカレンダー2020