WRCポーランド:デイ1コメント「今までにないほど最高のラリーデイ」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポーランド:デイ1コメント「今までにないほど最高のラリーデイ」

©REDBULL

ラリーポーランド、デイ1終了後の各ドライバーからのコメント。昨年のポーランドではステージベストもたたき出していたタナク。得意の高速グラベルステージで見せた会心の走りに満足を見せた。

[DMACK WRT]
フォード・フィエスタRS WRC

オット・タナク/総合首位
「今までにないほど、最高のラリーデイだった。いま自分が首位に立っている、そう、そのとおりだ。午後は自分のリズムをつかみ、その走りを重ねていった。フィーリングはとてもいいよ。明日も楽しみだね。すべてがうまく回れば、バトルに絡めない理由はない」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN


アンドレアス・ミケルセン/総合2位
「素晴らしい首位争いが展開された、エキサイティングな1日だった。午前中は、ポロは最高にドライブしやすかった。ここの高速で美しいステージに挑むのが本当にうれしかった。でも、午後はセットアップには100%満足できなかった。それでも必死で攻めて、ライバルに0.1秒でも与えないように努力した。全体としては、全開で走れたのでハッピー。まだチャレンジングな2日間が残っている。楽しみだよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

Hyundai Motorsport

Hyundai Motorsport

ヘイデン・パッドン/総合3位
「今回はいいかたちでスタートすることができ、午前のループではすぐに手応えを感じた。自分自身、満喫できたよ。序盤でステージベストを2回マークできたことは、理想的な滑り出した。1日を通して、首位とはかなり接戦になった。午後はあまり思うような走りができなかったが、それでも射程圏内には収めていたしステージウインもまた記録できた。まだ、改善できる余地は残っている。専念しなくてはならないところはどこなのか、自分でよく分かっているので、土曜日は計画どおりに攻めていく」

Hyundai Motorsport

Hyundai Motorsport

ダニ・ソルド/総合11位
「今日はステージをとても楽しめたし、ドライブに喜びを感じた。マシンのフィーリングはよく、これといったトラブルもなかった。午前は、純粋に速さが及ばなかった。もちろん、走行順2番手からの走行なので、砂利掻きもしなくてはならないが、それでもプッシュしようとしていた。SS2では、あるコーナーで少し膨らみすぎたが、それ以外はすべていい感じだ。ただ、タイムにつながらなかった。午後は少し改良を施したが、それでもあと一歩だ。ラリーが進んでいくにつれて、何かしら前進できるはずだよ」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

セバスチャン・オジエ/総合4位
「ファンのみんなに、しっかり伝えることができたと思う。パパになったからって、気が緩んでいるようなことはないってね。速さの点では、ポーランドの超高速ステージで、ほぼブレーキなしで限界で攻めた。ドライバーとしては、コクピットにいるのがとても楽しかったよ。でも、走行順の影響で、ライバルたちとの差を詰めるのがとても難しい。それでも、自分のパフォーマンスにはハッピーだ」

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合6位
「今日は、いろいろなことがあった。午前は、単純にリズムをつかめず、それがタイムに表れた。SS5ではスローパンク。日中サービスでマシンのセットアップを少し変更して、それで少し流れがよくなった。でも、今日の内容には満足できない。ドライバーもマシンも、ただ噛み合わなかった。同時に、もちろんあきらめたりはしない。チームと一緒に明日の戦略を立てて、まだハードにプッシュしていく」

[ヒュンダイ・モータースポーツN]
ヒュンダイi20 WRC

Hyundai Motorsport

Hyundai Motorsport

ティエリー・ヌービル/総合5位
「全体としては、ポジティブな1日。木曜日の夜はステージウインで滑り出した。残念ながら、午前のループで少しタイムをロスした。どのステージでも、ペースノートの記載が遅すぎたセクションが2、3あったので、日中サービスでそれを改善した。午後は、SS9のヘアピンで少しタイムロスしたが、それ以外は順調だったから、かなり満足だ。今回は首位争いを目指しているし、まずまずの位置につけている。土曜日はテクニカルなステージなので、楽しみにしている」

[アブダビ・トタルWRT]
シトロエンDS3 WRC

 CITROEN/  @World

CITROEN/ @World

ステファン・ルフェーブル/総合7位
「全体的にいい1日だった。まずまずのタイムを出したし、クレイグやヤリ‐マティとも、数秒差の争いだ。22kmのロングステージでは、同タイムもマークしたしね! こういった戦いができるのは、本当に楽しいよ。SS7でタイムロスしたことは、とにかく残念。車高で適切な判断ができず、マシンはずっと轍を削り続けていた。たぶん、7、8秒はロスしたと思う。今日の終盤は、スローパンクでもタイムをロスした。でも、ポジティブな1日だったことには変わりないよ!」

CITROEN/  @World

CITROEN/ @World

クレイグ・ブリーン/総合8位
「ほぼ完璧な1日だった。スーパーSSでマシンにダメージを与えてしまったことだけが、少し残念。フィニッシュの干し草を積み上げているところに引っかけてしまった。それ以外は、期待以上の内容。ステージを重ねていく中で経験を積んでいくと思っていたが、すぐにペースをつかめた感じだ。マシンは思うとおりに動いてくれるし、とにかくドライブが楽しい。タイム的には、スウェーデンの時と同じような状況。明日もバトルの続きが楽しみだよ」

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

M-Sport/McKlein

M-Sport/McKlein

エリック・カミリ/総合9位
「本当にいい1日だった。マシンのフィーリングはよく、ミスなしに速い走りができた。このラリーのことを学ぶためにはとても重要なことだけど、こういったステージで上位陣に僅差で走れることが分かったことも大切だ。このようなステージで参戦したことがないので、ペースがよかったことがうれしい。こんなに上位に迫れるとは思っていなかったので、今後のためにも張り合いになる」

M-Sport/McKlein

M-Sport/McKlein

マッズ・オストベルグ/総合10位
「ステージはとても楽しめた。ドライビングはよかったが、何らかの理由でサルディニアの時のようなタイムが出ない。今のような順位は望んでいなかった。もっと上位での争いに絡んでいきたい。この後、話し合いをして、明日はペースを取り戻せるようにしたい。ひとつ確かなことは、自分たちはあきらめたりしないし、状況の改善を目指してプッシュを続けるということだ」

ワールドラリーカレンダー2019