WRCポーランド:デイ1はタナクがリード – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポーランド:デイ1はタナクがリード

©M-SPORT

WRC第7戦ポーランドは、デイ1のSS10までを終えて、フォード・フィエスタRS WRCを駆るオット・タナクが総合トップ。4.2秒差でフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセンが続き、3番手にはヒュンダイのヘイデン・パッドンがつけている。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

木曜日の夜にはラリーのオープニングとしてSS1が行われた。これを制したのはヒュンダイのティエリー・ヌービル。今回はパッドンとふたりでのワークスノミネートとなっており、その気合いが垣間見える走りとなった。

HYUNDAI

HYUNDAI

金曜日はSS2〜10までの9SS。比較的短いステージでの構成となっているが、後方からのスタート組が好タイムを記録する展開となった。特にSS4でベストタイムをたたき出したDMACK WRTのタナクは、午後の再走ステージとなったSS6〜8で3連続ベストタイムと快走を披露。総合3番手からラリーリーダーに浮上してみせた。僅差の2番手で追うミケルセンはベストタイムこそ1回にとどまるものの、セットアップの決まらないなかコンスタントに好タイムを並べ、明日以降の首位浮上を狙う。

CITROEN

CITROEN

タナクから10.2秒差の3番手にはパッドン、以下4番手に砂利掻き役で苦労するセバスチャン・オジエ、5番手にヌービル、6番手にヤリ‐マティ・ラトバラとなっている。若手ふたりのエントリーで注目を集めたシトロエンは、7番手にステファン・ルフェーブル、8番手にクレイグ・ブリーンとなっている。その後ろにはMスポーツのエリック・カミリが9番手、マッズ・オストベルグが10番手でつける。

M-SPORT

M-SPORT

デイ2はSS11〜17までの6SS。15〜25kmの中距離SSが連なる設定となっており、最終日の60kmあまりでオジエから逃げ切るため、上位3台にとってはなるべくリードを広げておきたいところだ。
SS11は日本時間の7月2日16時55分スタート予定。

順位ドライバーマシンタイム/差
1オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC1:01:23.0
2アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+4.2
3ヘイデン・パッドンヒュンダイi20 WRC+10.2
4セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC+16.3
5ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC+20.4
6ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+36.6
7ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+39.4
8クレイグ・ブリーンシトロエンDS3 WRC+41.1
9エリック・カミリフォード・フィエスタRS WRC+58.6
10マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+1:06.7
RALLY PLUS