アブダビ・トタルWRT、3ヶ月ぶりにポルトガルでWRC参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

アブダビ・トタルWRT、3ヶ月ぶりにポルトガルでWRC参戦

©CITROEN

アブダビ・トタル・ワールドラリーチームは、今週末のWRCポルトガル戦に2月のスウェーデン以来となる参戦を果たす。ポルトガルには、クリス・ミーク、ステファン・ルフェーブル、カリッド・アルカシミ、3台のシトロエンDS3 WRCをエントリーする。

メキシコ、アルゼンチンをスキップしたチームにとっては、今季最初のWRCグラベル戦。しかし、デイ1、2では走行順のアドバンテージが期待できる。またミークは、メキシコとアルゼンチン、いずれもレッキに参加しており、2017年用の新型WRカーの開発と併行して忙しい日々を過ごしてきた。2015年には4位に食い込んでいるミークは、モンテカルロ、スウェーデンに続くポディウムフィニッシュを目指す。
「実戦に戻るのがうれしいよ。懐かしくなり始めていたからね」とミーク。
「ポルトガルはとても好きなラリー。昨年は首位争いにも絡んでの4位フィニッシュだった。今季最初のグラベル戦となるので、トップ争いは狙いたいが現実的にならなくてはいけない。十分にいいマシンだが、アップグレードはしていないので、トラブルフリーのラリーを目指していく」

CITROEN

CITROEN

一方、ルフェーブルはWRC参戦は開幕戦のモンテカルロ以来。その間、フランスのグラベル選手権に参戦し、優勝を収めている。昨年のポルトガルでは、WRC2部門で5位に入っている。
「ポルトガルにはいい思い出がある。2014年、アルガルベで開催していた頃、JWRC優勝を飾った。昨年はWRC2部門でトップ5に入った」とルフェーブル。
「北部のステージは、あまり荒れていないのでドライブが楽しめる好きなステージ。今回はできる限りいいリザルトを目指すことに専念するが、強豪が多いので具体的な順位を目標に定めるのは難しいね」

アルカシミのWRC参戦はスウェーデン以来。その間、クロスカンロリーワールドカップのアブダビ戦で7位に入っている。
「昨年のファフェにとてもたくさんの人が集まっていたのを今でも覚えている。またポルトガルに来れるのがうれしいよ」とアルカシミ。
「WRCでグラベル戦に出るのは、7ヶ月ぶりだから難しいと思うが、ベストの走りをしたい。クリスとステファンにもがんばってもらいたいね」



RALLY PLUS