WRCモンテカルロ:競技初日のトップはミーク! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:競技初日のトップはミーク!

©CITROEN

2016年シーズンのWRCもいよいよ開幕。モナコのカジノ前に設けられたスタートランプから始まったラリーは、約20kmのナイトステージ2カ所を走ってギャップへと戻るルートをとる。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

コースは路肩に雪が残り、ところどころ湿ってはいるものの、ほぼドライコンディション。ここでまず、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエがベストタイムを獲得し、3連覇王者の貫録を見せつける。SS2番手にはシトロエンのクリス・ミーク、SS3番手にはコ・ドライバーをチェンジしたフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセンがつけた。

HYUNDAI

HYUNDAI

続くSS2では、ミークが渾身の走りでベストタイムを獲得。SS2番手のオジエに11秒もの差をつけ、総合順位でもトップに立った。ミークと総合2番手オジエの差は6.9秒とわずかなものだが、すでに総合3番手のミケルセンとは20秒の差がつく展開となった。

このSSでは、ヒュンダイi20 WRCの2015年型モデルを駆るヘイデン・パッドンが4番手タイム。フォルクスワーゲンのヤリ‐マティ・ラトバラはアイスパッチに乗りマシンをヒット、サスペンションを破損して大きく遅れてしまっている。

M-SPORT

M-SPORT

競技2日目はSS3〜8の計6SS。14.65〜25.78kmと、いずれも中距離のステージが続く。SS3は日本時間22日の18:21スタート予定。

順位ドライバーマシンタイム/差
1クリス・ミークシトロエンDS3 WRC25:32.1
2セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC+6.9
3アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+20.0
4ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC+31.4
5ヘイデン・パッドンヒュンダイi20 WRC+34.9
6マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+35.3
7ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+38.7
8ロバート・クビカフォード・フィエスタRS WRC+45.8
9ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+48.6
10ダニ・ソルドヒュンダイi20 WRC+51.8
ワールドラリーカレンダー2019