WRCスウェーデン開幕。初日トヨタ勢はタナクが1位、ラトバラが2位につける – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン開幕。初日トヨタ勢はタナクが1位、ラトバラが2位につける

©TOYOTA

2月15日(木)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリースウェーデンが開幕。初日の競技はカールスタッドの競馬場でスーパーSSが行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのオット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組が総合1位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合2位に、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組が総合8位につけ、3台のトヨタ・ヤリスWRCは揃って順調なスタートをきった。

シーズン唯一のフルスノーイベントであるラリースウェーデンは、15日(木)の午前中にトルシュビーのサービスパーク付近でシェイクダウンを行い、クルマの走行確認および最終セッティング作業を実施した。そして夜8時過ぎから、トルシュビーの約100km南に位置するカールスタードの競馬場で、SS1として2台同時走行のスーパーSSが行われた。SS1は全長1.90kmと走行距離は短いながらも、毎年多くの選手がミスをしてクルマに大きなダメージを負う難関SSとして知られている。トヨタの3名のドライバーは注意深く走行したが、タナクとラトバラが1-2のSSタイムを記録した。

トム・ファウラー(チーフ・エンジニア)
「今晩のスーパーSSでは1、2番手タイムを刻むなど良いスタートになりましたが、本当の戦いは明日からです。朝のシェイクダウンは、高速セクションと低速セクションがあり実際のラリーのSSと似たようなコースでしたので、プレイベントテスト後に実施したいくつかのセッティング変更を確認する場として活用しました。すべてのクルマはそれぞれ異なる時間帯に走行したので、タイムはあまり参考になりませんが、自分たちのパフォーマンスには満足しています。去年、このラリーで優勝した後、我々は改善を続けてきましたが、他のチームもそれは同じだと思いますので、気を引き締めてラリーに臨みたいと思います」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「最初のSSで速いタイムを刻むことができ、とても良いスタートになりましたので、この調子を保ち続けたいと思います。シェイクダウンのコースは、明日以降のSSと非常に良く似ており、セッティングを少し変更したところクルマのフィーリングはとても良くなりました。雪の上を走るのはとても良い気分ですし、今年は素晴らしい路面コンディションです。もちろんラリースウェーデンでの5回目の優勝を目指して戦いますが、他のドライバーも速く彼らにもチャンスはあります。このラリーで勝利するためには、完璧な戦いをしなくてはなりません」

TOYOTA

オット・タナク
「カールスタッドのSSは観客が多く、そして面白いコースなのでラリーのスタートをいつも楽しんでいます。また、朝のシェイクダウンも順調でした。明日からの天気次第でベストなセットアップは変わるので注意する必要はありますが、クルマは良いフィーリングです。前戦ラリー・モンテカルロは我々にとって良いスタートになりましたが、このラリーでも良い結果を得られると信じています。明日から始まる、ラリースウェーデンらしいコースを走るのが今から楽しみです」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「最初のSSはまったく問題なく、良い走りをできました。また、朝のシェイクダウンも非常にうまく行ったと思います。最初に少しアンダーステアを感じましたが、その後サービスでセッティングを変更し、違うことも試したところ改善したので、明日からの典型的なスウェーデンのSSではきっと上手く走れると信じています。コースに大きな雪壁があり、道が完全に凍結し、そして日差しがあればラリーカーをドライブするには最高の条件です。明日からのラリーを心から楽しみたいと思います」

TOYOTA

WRCスウェーデン デイ1暫定結果
1. オット・タナク トヨタ・ヤリスWRC 1:32.7
2. ヤリ‐マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC +0.3

3. マッズ・オストベルグ シトロエンC3 WRC +0.6
4. クリス・ミーク シトロエンC3 WRC +0.9
5. アンドレアス・ミケルセン ヒュンダイi20クーペWRC +0.9
6. ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +1.0
7. ヘイデン・パッドン ヒュンダイi20クーペWRC +2.1
8. エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリスWRC +2.2
9. セバスチャン・オジエ フォード・フィエスタWRC +2.5
10. クレイグ・ブリーン シトロエンC3 WRC +2.9



RALLY CARS