[ラリー北海道雑記・1]マイカーであんなところをドライブ! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

[ラリー北海道雑記・1]マイカーであんなところをドライブ!

 

[ラリー北海道雑記・1]マイカーであんなところをドライブ!

 国内ラリー界一番のビッグイベント、ラリー北海道も盛況のうちに閉幕。その余韻がまだまだ続く編集部ですが(^^; まもなく発売の本誌に収まり切らなかったイベント隅々の模様をこのブログでお届けしていきますよ〜!

 ということで、APRC開催10周年を迎えたことしのラリー北海道では、よりいっそうラリーを身近に知っていただこうと様々な試みが増えたようです。



 そのひとつが、競技ステージを体験してみちゃおう!という企画。ことしのプレミアムパスには、0カー(ことしのドライバーは大井こずゑ選手!)やスイーパーに同乗して帯広のスーパーSSを体験できるという特典が付いていたんですね〜。スタート前にスーパーSSを体験できちゃうなんて、すんごいプランです!

 さらに強烈なのが、競技の真っ最中にこのステージをマイカーで自らドライブできちゃう、という体験。もちろん、競技車が林道ステージをアタックしている間の空き時間を使っての開催なのですが、モータースポーツライセンスを持っていない方にとって、実際のステージを走行するチャンスなんて、なかなかありませんよねー。

パパの隣でステージを体験しちゃった上野光一くんは「楽しかったー!」と、かなり興奮気味。好きなドライバーは「カツのパパ」と、かなり目の付け所が違う10歳です。

 ということで、この企画に参加した方々の表情は、「ラリー車と同じところなんて普段は走れないので、気分いいですね!」(星崎大輔さん)「陸別でもマイカーアタックをやっていましたし、こういう企画は毎年やってもらいたいです!」(上野たかしさん)と、みなさん揃ってご満悦のご様子でした♪

 ことしは4回走行したOBIHIROのスーパーSS、ファステストタイムは新井敏弘選手の52.6秒でした。みなさん、トップドライバーの凄さが実感できましたか? 
 



RALLY CARS