WRC第12戦ラリーGBデイ1:ローブ首位もヒルボネン譲らず、ペターも虎視眈々の構え – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC第12戦ラリーGBデイ1:ローブ首位もヒルボネン譲らず、ペターも虎視眈々の構え

 

 WRC第12戦ラリー・グレートブリテンのデイ1が10月23日(金)に行われ、セバスチャン・ローブ(シトロエンC4 WRC)がトップに立った。2位は5秒3差でミッコ・ヒルボネン(フォード・フォーカスRS WRC)、3位はヒルボネンと35秒2差でペター・ソルベルグ(シトロエンC4 WRC)という順位になっている。

 ドライバーズチャンピオンを決める重要な1戦、ラリー・グレートブリテンは2009年WRCの最後を飾るにふさわしい白熱した戦いで幕をあけた。ウェールズのカーディフから約160kmほど北に広がるグラベルステージ群は、前日から降り続いた雨でウェット。SSがスタートしてもなお雨は止まず、とても滑りやすいロードコンディションに各選手たちは手を焼いた。しかし、選手権2位で2番手スタートのローブ(シトロエンC4WRC)は難易度の高いコースを次々とクリアしていき3連続SSベストをマーク。ライバルでありシリーズリーダーのヒルボネンを8秒9差の2位に従えて午前中の3ステージを完全制覇した。

 午後に入るとヒルボネンが2本のSSベストでローブに迫るが、ローブも崩れることなくベストタイムで応酬。両者とも1歩も引かず、結局はローブが2位ヒルボネンに5秒3差をつけて首位を守りきった。3位は、4位ダニエル・ソルド(シトロエンC4WRC)とのバトルに1秒1差でうち勝ったソルベルグ。タイトルを争うふたりとの差は広がってしまったが、ステージごとにペースは上がっておりデイ2ではさらなるスピードアップが期待される。優勝争いとともにポディウム争いもまた面白くなりそうだ。

 ヒルボネンのチームメイトであるヤリ-マーティ・ラトバラ(フォード・フォーカスRS WRC)は、SS1でいきなりフロントのドライブシャフトが破損してスローダウン。後輪駆動のまま残るSSを走ることになりフラストレーションの溜まる1日となった。同様のトラブルはもう1台のフォーカスRS WRC(カリッド・アル-カシミ)にも発生しているため、フォード陣営としてはヒルボネンのマシンにもトラブルが起こらないかどうか、落ち着かない気持ちでデイ2を迎えることになる。

Rally of Great Britain – Day 1 standings
Overall times after SS6 / Top 20:

1. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC 1hour 15mins 22.1secs M
2. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 05.3secs M
3. Petter Solberg Citroen Junior Team C4 WRC +00mins 40.5secs MT
4. Dani Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 41.6secs M
5. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +02mins 41.3secs MT
6. Henning Solberg Stobart VK Ford Focus WRC +02mins 50.1secs MT
7. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC +03mins 23.0secs MT
8. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +04mins 54.6secs A8
9. Jari-Matti Latvala BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +06mins 50.1secs M
10. Eyvind Brynildsen Skoda Fabia S2000 +07mins 52.0secs P
11. Aaron Burkart Citroen Junior Team C4 WRC +07mins 56.1secs A8
12. Jarkko Nikara Mitsubishi Lancer Evo X +08mins 44.3secs N4
13. Patrik Sandell Skoda Fabia S2000 +08mins 49.1secs P
14. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo +08mins 49.4secs P
15. Armindo Araujo Mitsubishi Lancer Evo +09mins 20.1secs N4
16. Steve Perez Stobart VK Ford Focus WRC +09mins 38.1secs A8
17. Toshi Arai Subaru Impreza N14 +09mins 59.8secs P
18. Martin Semerad Mitsubishi Lancer Evo +10mins 41.8secs P
19. Egon Kaur Subaru Impreza N12 +10mins 41.7secs N4
20. Dennis Kuipers Ford Focus RS WRC +10mins 49.9secs A8

Overall PWRC after SS3 / Top 3:
1. Eyvind Brynildsen Skoda Fabia S2000 1hour 23mins 14.1secs P
2. Patrik Sandell Skoda Fabia S2000 +00mins 57.1secs P
3. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo +00mins 57.4secs P

Notable retirements:
SS3. Mads Ostberg Adapta Subaru Impreza WRC Suspension A8

* denotes elected/able to re-start under SupeRally format.

M – denotes Manufacturer entry.
MT – denotes Manufacturer Team entry.
P – denotes Production WRC entry.

RALLY CARS