WRCスペイン:デイ3チームコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:デイ3チームコメント

 

ラリー・デ・エスパーニャ、デイ3終了後の各ドライバーからのコメント

[シトロエン・トタルWRT ]

セバスチャン・ローブ/総合優勝
「チームのみんなに心から感謝するよ。シーズンと、自分のラリーキャリアの主要部分を勝利で終えることができてうれしい。天候が不安定で難しい状況だったから、勝つためには必死だった。今日のリザルトを、全員で分け合いたい。共に経験したすべてのことに感謝したい。これでひとつの区切りを迎えるが、また新しい始まりが待っている」

ミッコ・ヒルボネン/総合3位
「また舗装での走りが上達した。それがこの週末の一番の目標だった。シトロエンでの初シーズンはもう終わった。自分の成果には喜んでいいと思う。すぐ気持ちを2013シーズンに向けていくよ」

[フォード・WRT]
ヤリマティ・ラトバラ/総合2位
「厳しいシーズンだったが、選手権で3位に入れたことの意味は大きい。特に怪我で1戦欠場しているからね。タイムの面では、特に舗装ではこれまでにないほど勝利に近づいていた。最後の3SSでハードを選んだのは正解だったし、1kmごとに差を詰めていった。もしあと1SSあったら、逆転できていたかもしれない。フォードでの最後のラリーをいい成績で飾りたかったから、それができてとてもうれしい。ここでは何年も素晴らしい時間を過ごし、キャリアを積んできた。その間、支えてくれたチームのひとりひとりに感謝したい。ここでの素晴らしい思い出は、いつまでも忘れないよ」

ペター・ソルベルグ/総合11位
「滑り出しはよかったが、たった2本目ですべてが悪い方向に向かってしまった。今シーズンの僕を象徴しているよ。最初はいいが、残念ながらそれが長続きしない。速さはあったが、不運と自分のミスの代償が大きすぎた。残念ながら、シーズン後半は思い通りのパフォーマンスができなかった」

[Mスポーツ・フォードWRT]
オット・タナク/SS16でリタイア
「午後から事態が一変した。午後最初のステージ(SS16)で膨らみすぎて、バリアにヒットした。コーナーへの進入速度が高すぎたんだ。確かに、今日までは順調に進んでいた。昨日はターマックでのフィーリングもよかったし、マシンもいい感じだった。今日はペースノートが完璧ではなく、プッシュできなかった。とにかくベストを尽くそうとしていたが、こんな形でシーズンを終えることになって、本当に残念だ」

[アダプタ・ワールドラリーチーム]
マッズ・オストベルグ/総合4位
「浮き沈みの激しいラリーになった。最終日はデイ2よりもかなりよかったが、それでも難しいラリーだった。でも4位に入れてうれしいし、選手権で4位というのは少し残念かもしれないが、素晴らしい結果だとも思っている:

[プロドライブWRCチーム]
ダニエル・ソルド/総合9位
「マシンはとても順調だった。デイ1とデイ2が悔やまれる。シャシーは昨年から安定感が格段に増して、たぶんあと20馬力増えれば完璧だと思う。いいタイムがマークできたのでうれしい。ファンからの応援には、とても励まされた」



ラリプラメンバーズ2018 キャンペーン終了間近!!