WRC第12戦ラリーGBデイ2:ローブがスパート、ヒルボネンとの差を拡大 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC第12戦ラリーGBデイ2:ローブがスパート、ヒルボネンとの差を拡大

 

 WRC第12戦ラリー・グレートブリテンのデイ2が10月24日(土)に行われ、デイ1首位のセバスチャン・ローブ(シトロエンC4WRC)がトップを守った。2位はミッコ・ヒルボネン(フォード・フォーカスRS WRC)と変わらないが、ふたりの差は30秒2に拡大。3位にはペター・ソルベルグ(シトロエンC4WRC)をかわしたダニエル・ソルド(シトロエンC4WRC)が浮上している。

 王者ローブが底力を示した。前日と同様雨天の中スタートしたデイ2は、オープニングのSS7でヒルボネンがベストタイムをマーク。1位ローブに2秒9と詰め寄った。しかし、続くSS8とSS9ではローブが信じられないほど速いタイムを記録してヒルボネンを25秒後方に突き放す。完全なウェット路面で表面が緩んでいたこともあり先頭走者のローブが多少有利であったことは事実だが、それでも圧倒的ともいえるローブのタイムにヒルボネンはびっくり。
 午後のリピートステージの1本目、SS10ではヒルボネンがベストで差を22秒9差としたが、その後の2本のSSではローブが速い。結局、6本のSSを走り終えて1位ローブと2位ヒルボネンの差は30秒2と大きく広がってしまった。ローブは「なかなか良い1日だったが、まだあと1日残っている。気を緩めるわけにはいかない」と、ヒルボネンは「ちょっとガッカリだが最後まで諦めずに攻め続ける。失うものは何もないからね」と、それぞれコメント。最終日デイ3でも緊張感に満ちた戦いが続くことだろう。

 デイ1で3位につけていたペター・ソルベルグ(シトロエンC4WRC)は、オープニングのSS7で雨の中ワイパーがうまく作動しなくなるというトラブルで大幅にタイムロス。SS8でもその影響が残りソルドに3位を明け渡してしまった。
 さらにSS10ではスピンした際にコースサイドの側溝にはまってしまい大きく遅れた。「マシンは素晴らしいし、自分の走りも悪くはないが細かいミスが多かった」というソルベルグは、3位ソルドに24秒差の4位でデイ2を終了した。

 同時開催のPWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権)では、アイヴィン・ブリニルドセン(シュコダ・ファビアS2000)がトップをキープ。新井敏弘(スバル・インプレッサ)は依然として満足な走りができていないが、それでも3位にポジションを上げることに成功した。

WRC第12戦ラリーGB デイ2結果(TOP 20)
1. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC 2hours 32mins 21.4secs M
2. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 30.2secs M
3. Dani Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +01mins 20.1secs M
4. Petter Solberg Citroen Junior Team C4 WRC +01mins 44.1secs MT
5. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +04mins 21.6secs MT
6. Henning Solberg Stobart VK Ford Focus WRC +05mins 22.8secs MT
7. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC +06mins 30.0secs MT
8. Jari-Matti Latvala BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +08mins 02.5secs M

9. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +12mins 00.1secs A8
10. Aaron Burkart Citroen Junior Team C4 WRC +16mins 28.2secs A8
11. Eyvind Brynildsen Skoda Fabia S2000 +17mins 15.7secs P
12. Armindo Araujo Mitsubishi Lancer Evo +19mins 11.9secs N4
13. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo +19mins 29.9secs P
14. Steve Perez Stobart VK Ford Focus WRC +20mins 16.3secs A8
15. Toshi Arai Subaru Impreza N14 +20mins 46.7secs P
16. Martin Semerad Mitsubishi Lancer Evo +21mins 37.9secs P
17. Bernardo Sousa Fiat Abarth Grande Punto S2000 +22mins 35.2secs P
18. Mark Tapper Mitsubishi Lancer Evo +22mins 45.6secs P
19. Dennis Kuipers Ford Focus RS WRC +23mins 09.3secs A8
20. Mattias Therman Mitsubishi Lancer Evo +28mins 58.9secs N4

Overall PWRC after SS9 / Top 3:
1. Eyvind Brynildsen Skoda Fabia S2000 2hours 49mins 37.1secs P
2. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo +02mins 14.2secs P
3. Toshi Arai Subaru Impreza N14 +03mins 31.0secs P

Notable retirements:
SS3. Mads Ostberg Adapta Subaru Impreza WRC Suspension A8*
SS3/4 Nasser Al-Qassimi BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC Driveshaft A8*
SS10. Mads Ostberg Adapta Subaru Impreza WRC Went off A8

* denotes elected/able to re-start under SupeRally format.

M – denotes Manufacturer entry.
MT – denotes Manufacturer Team entry.
P – denotes Production WRC entry.

all times unofficial



ワールドラリーカレンダー2020