グロンホルム、2010年はペターのチームからスポット参戦か – RALLYPLUS.NET ラリープラス

グロンホルム、2010年はペターのチームからスポット参戦か

 

2度の世界チャンピオンであり、2007年限りでWRCを引退したマーカス・グロンホルムが、2010年はWRC数戦に参戦したいと語った。

グロンホルムは、ペター・ソルベルグのチームから開幕戦のスウェディッシュラリー参戦に関してペターと交渉したこと、また、2010年のほかの世界選手権イベントに興味があることを認めた。

「僕はペターと話した。しかし、メインはスウェディッシュラリー参戦に関することだけだ。(参戦するには)僕らはいくらかの資金を持ち込まなければならないんだ」とグロンホルム。

「もう数戦参戦できると面白いと思う。しかし、スウェディッシュラリーの後でどうなるかを確かめなければならない」

フィンランド出身のグロンホルムは、スウェディッシュラリーは雪が良くて寒いコンディションであればお気に入りのラリーだと語っている。「来年ラリーの開催地が北に戻ることも、僕らの助けになると思う。もし走れるなら、サゲンステージでは勝たなければならないね。なぜなら僕が経営するレストランの名前だからさ。いいマーケティングになるだろうしね」

一方、2009年はプライベーターチームとしてWRCシリーズを戦ったペターは、グロンホルムが参戦するには資金を持ち込む必要があること、そしてグロンホルムが選手権すべてを追いかけることはないとコメントした。

「マーカスはまだまだ速く走れる。でも来年はあらゆる面でお金のことを忘れては考えられない。現時点で、僕には来年(参戦するための)予算の半分しかないんだ」

グロンホルムは今年、プロドライブのインプレッサWRC 08でポルトガルにスポット参戦している。また11月4日に北京で開催される「レースオブチャンピオンズ(ROC)」には、ミッコ・ヒルボネンとともにフィンランドチームとして参戦する。



RALLY PLUS