ライコネン2010年もF1とWRCの“二足の草鞋契約”を希望 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ライコネン2010年もF1とWRCの“二足の草鞋契約”を希望

 

 フェラーリを今季限りで離れるキミ・ライコネンは2010シーズンもF1とラリーの両方へ出場をする方向で考えているという。

 フェルナンド・アロンソの加入によって来季のシートを失ったライコネン。まだ、その動向が正式に決まってはいないものの、以前加入のマクラーレンをはじめとするいくつかのチームが候補と言われている。また、F1活動を休止しラリーへの参戦、もしくは浪人生活の可能性も語られている(下記関連ニュース参照)。

「契約には(ラリーの)出場を認めることが含まれるだろう」とアブダビGPでライコネンはコメント。「(F1の活動に)ダメージを与えることはないんだ。どんな形であれ、ドライビングの経験を積むことはその経験値をあげることになる。だから、問題になるとは思えない。今年、うまく両立することができ、F1にはまったくの損失を与えなかった。このことには問題がないはずだ」。

 一方、「絶対にF1だ」と言う一方で、浪人を含むすべての可能性を考え始めているのではないかという見方に対しては以下のように語っている。
「いくつかの別案があり、それらを検討してベストな判断をしたい。ラリーは間違いなくその中のひとつ。だけど、“F1かラリー”という意味ではないんだ。その他も見て何ができるかを考える。僕は何でもできる状況にあるのだけど、前にも言ったように自分が1番何をしたいのかをまだ決め切れていないんだ」

 また、今シーズンは思ったような成績は挙げられなかったのものの、その与えられた条件の中では精いっぱいやったとライコネンは考えている。

「数レース前とは何も変わっていないんだ。単に(フェラーリとの)契約が無くなっただけ。ベストをつくしてこの先に何が起るのかを待とうじゃないか。
 シーズン後半はよかったと思う。マシンは最速ではないのだけど、なんとか解決法を見いだした。それからは普通の感覚で乗れるようになり、いい感触が持てるようになれば、それなりの結果が出るようになるんだ。強豪は今シーズン速かったしうまく成績を収めてきた。でも、我々もけっこううまくやったと思うよ」



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!