オジエ、2017年のフィエスタWRCはレッドブルカラー! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

オジエ、2017年のフィエスタWRCはレッドブルカラー!

©M-SPORT

Mスポーツは、2017年のフォード・フィエスタWRCのカラーリングを発表。2005年以来初めて、ふたりのドライバーがそれぞれ異なるカラーリングのマシンを駆る。セバスチャン・オジエは、おなじみレッドブルのカラースキームを使用する。

M-SPORT

一方、オット・タナクが駆るフィエスタWRCは、デジタルカモフラージュにインスピレーションを得た幾何学模様のデザインとなる。フィエスタWRCの開発テスト中に起用されたカモフラージュ柄は、元は、11月にケルンでアンベールされた量産車の新型フィエスタのために創作されたもの。

フィエスタWRCは2台ともこの幾何学模様をベースとしているが、No.1を付けるオジエのフィエスタWRCには、オジエのパーソナルスポンサーであるレッドブルのモチーフがあしらわれ、ひと目で分かるデザインとなっている。両車とも、最終的なカラーリングは、2017年1月に英国で開催されるオートスポーツ・インターナショナル・ショーで発表されるという。

M-SPORT

2台には、2017年から新たにMS-RTのエンブレムが付くほか、新たなパートナーとしてOneBetのロゴが加えられる。

Mスポーツのマネージング・ディレクター、マルコム・ウィルソンは「フォード・フィエスタWRCについて非常に誇らしく思っており、このキャッチーな新しいカラーリングが華を添えてくれる」とコメント。
「2台が最終的なカラーリングでラリーモンテカルロのステージをアタックするのを見るのが、待ち切れない。今は、みなさんにメリークリスマスを伝えたい。そして、オートスポーツ・インターナショナルでの最終カラーリングの発表で迎えるエキサイティングな新年の成功を祈っている」



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS