WRCメキシコ:シェイクダウンはシトロエンのミークがトップ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCメキシコ:シェイクダウンはシトロエンのミークがトップ

©Red Bull

2018年WRC第3戦メキシコは、3月8日木曜日の9時に、サービスパークが置かれるレオン近郊に設けられたグラベルステージでシェイクダウンが行われた。今シーズン初の本格的グラベルラリーとあって、多くのドライバーが3回以上の走り込みを行った。

Red Bull

5.31kmのステージでトップタイムをマークしたのは、シトロエンのクリス・ミーク。昨年もここメキシコで優勝しており、後方スタートの恩恵を受けることができるラリー序盤に向けて、本人としてもいい流れを作っておきたいところだ。2番手にはヒュンダイのティエリー・ヌービル、3番手にはMスポーツのセバスチャン・オジエとトヨタのオット・タナクが同タイムでつけている。

M-Sport

今シーズン、メキシコ、ツール・ド・コルス、スペインの3戦でシトロエンC3 WRCのステアリングを握るセバスチャン・ローブは感触を確かめるように5回走行。10番手でシェイクダウンを終えている。一方、トヨタのエサペッカ・ラッピはステージ中に右フロントサスペンションを破損しストップしてしまったため2度の走行にとどまった。

TOYOTA

ラリーは8日木曜日の夜にグアナファトでセレモニアルスタートを行い、そのままナイトステージのSS1を走行する。

WRCメキシコ シェイクダウン結果
1. クリス・ミーク シトロエンC3 WRC 3:41.0
2. ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +0.4
3. セバスチャン・オジエ フォード・フィエスタWRC +1.8
3=. オット・タナク トヨタ・ヤリスWRC +1.8
5. エルフィン・エバンス フォード・フィエスタWRC +2.0
6. ヤリ‐マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC +2.1
7. アンドレアス・ミケルセン ヒュンダイi20クーペWRC +2.3
8. ダニ・ソルド ヒュンダイi20クーペWRC +2.4
8=. テーム・スニネン フォード・フィエスタWRC +2.4
10. セバスチャン・ローブ シトロエンC3 WRC +2.6



RALLY PLUS