WRCサルディニア:ソルド「メカニックたちが素晴らしい仕事をしてくれた」金曜日コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCサルディニア:ソルド「メカニックたちが素晴らしい仕事をしてくれた」金曜日コメント集

©Hyundai Motorsport GmbH

WRCラリーイタリア・サルディニア、金曜日終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。過去、サルディニアで2勝を挙げているヒョンデのダニ・ソルドだが、トリッキーなコンディションの中、SS4でワイドになり転倒。ダメージを負ったマシンでサービスへの帰還を果たし、メカニックの尽力の末に午後のループもスタートした。首位からの遅れは5分近くに広がっており厳しい状況となったが、ソルドはチームへの感謝を語った。

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20 Nラリー1ハイブリッド

■エサペッカ・ラッピ/総合首位

Hyundai Motorsport GmbH

「今日はサバイバルの一日だった。最終ステージはサプライズが多く、ブレーキングポイントがマディだったり、コーナーがブッシュで隠れてしまっていたり。コンディションがミックスだったことで、予想ができず完全に自信を持って攻めることはできなかったが、一方で、速さをキープしなくてはならない。それを自分たちはできた。林道セクションに入るとすぐ道がマディでスリッパリーになったが、水たまりも出てきたりして驚いた。まったくラクではなかったね。明日はメキシコの土曜日よりもいいスタートを切りたいが、何よりも午前は適切なタイヤ選択をしなくてはならない。そこからは、今日の流れを維持して、一日を終えてどの位置につけられているかだね」

■ティエリー・ヌービル/総合3番手

Hyundai Motorsport GmbH

「少し苦戦した。タイトなコーナーではあまり自信が持てなかったが、いいリズムで行けた。こうしたコンディションでもマシンのフィーリングも少しよくなり、午後はいいタイムを出して3番手で終えられたので、明日に向けていい位置だ。天気もチャレンジングになりそうなので、どんなことも起こり得るし、みんなのタイムが変わることも多いだろう。今日はみんな同じような天候だったのでラッキーだったが、数分の差で大きな違いが出た。午後はタイヤ戦略がうまくいった」

■ダニ・ソルド/総合12番手
「正直、ちょっと大変な一日だった。ロングステージの1回目は、タイヤで安全パイを選んだが、あるコーナーで膨らんでしまい転倒した。サービスにマシンを持ち帰ることができたので、メカニックたちが直してくれた。あまり時間がなかったので、カンディード(カレラ、コ・ドライバー)と自分もできる限り手伝った。みんなに感謝したい。日中サービスで素晴らしい仕事をしてくれたし、自分のミスを申し訳なく思う。頑張ってくれて本当にありがとう。タイム的には厳しい状況となったし、午後は本当にトリッキーなコンディションで走るのがチャレンジングだったが、天気がどうなるかだね。雨がたくさん降れば走行順が早いことがアドバンテージになるが、すでにかなりタイムをロスしているからね……」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1ハイブリッド

■セバスチャン・オジエ//総合2番手/strong>

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日の内容と、一日を終えての順位に満足している。最初のステージやモンテレルノであれだけ差をつけられたことに驚いたが、マシンの動きは良かったし、タイヤの選択も合っていたので午前中の速さにつながったのだと思う。午後は少し難しくなったが、それでも悪くないループだった。自分のドライビングには満足している。サービスでは、タイヤチョイスとセッティングの決断に少しミスをしてしまった。でも、このスリッパリーなコンディションの中を何のドラマも起こさずに走り切り、リスクは一切負わなかった。望んでいた優勝争いに絡んでいるし、ものすごい僅差なので明日もプッシュするよ」

■カッレ・ロバンペラ/総合4番手

Toyota Gazoo Racing WRT

「全体としてかなりいい一日だった。午前の最初の2本は、かなり良かった。少し湿っていて、先頭走者であることのタイムロスは予想より少なかった。でも、モンテレルノはもっと乾いていてタイムをロスしたし、あのステージではかなりバタついた。午後も、2ループ目でもかなりトリッキーで、前に走った小型のマシンのラインが合わなかった。モンテレルノでやっとしっかり雨が降り始め、ハードにプッシュした。自分はいつも雨やマディなコンディションを楽しめるので、ここでタイムを取り戻すことができた。明日は走行順が良くなるので、もっとプッシュしたいね」

■エルフィン・エバンス/総合6番手

Toyota Gazoo Racing WRT

「最初の2本は、道に石が並ぶなどトリッキーで、クリーンに走り、いい状態でモンテレルノを迎えようと努めた。あのステージもクリーンな走りができた。すべてをうまくまとめられたと思うし、トラブルなく走り切って、総合順位を上げることもできた。午後は苦労して、かなりラフだった。1本目はOKだったが、2本目は離されすぎてしまった。残念ながら、モンテレルノの終盤でパンクに見舞われタイムをロスしてしまった。でも、上位との差は大きくないし、僅差でオィット(タナック)が追ってきているので、まだまだ戦いは続くよ」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■オィット・タナック/総合7番手

M-SPORT

「最初のステージからミッションにトラブルを抱え、ロングステージでどんどん悪化した。だぶん電子系だと思う。ウォータースプラッシュで何かあれば、そこでもう終わりになるかもとも思った。少し残念だが、また明日頑張って順位を上げていきたい」

■ピエール-ルイ・ルーベ/SS7でデイリタイア
コメントなし



RALLY CARS