WRCモンテ:ラッピ「マシンが、もっと速く行けるよ、と語りかけてきた」デイ3コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテ:ラッピ「マシンが、もっと速く行けるよ、と語りかけてきた」デイ3コメント集 

©Hyundai Motorsport GmbH

WRCラリーモンテカルロ、デイ3終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。様々なワークスチームを渡り歩き、今季は初めてヒョンデから参戦しているエサペッカ・ラッピ。ヒョンデi20 Nラリー1ハイブリッドでの初ラリー、序盤はペースをつかむのに苦戦したが、早くもセッティングの方向性を見いだし一気に調子を上げてきた。
(カッコ内は順位の前日比)

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1ハイブリッド

■セバスチャン・オジエ/総合首位(=)

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日もいい一日だった。今日のステージは、カットの面で一番リスクが大きいことは分かっていたから、今の順位を考えればリスクは一切負いたくなかった。これ以上、ステージウインを獲る必要はないし、十分に築いたギャップをコントロールしなければならなかった。多少のタイムロスは受け入れて、とにかくリスクを最小限にした。計画通り、とてもクリーンな走りができたし、一日を終えることができてハッピー。カッレは今日、とてもいい仕事をしたし、これでチームの1‐2フィニッシュに向けて好位置につけた。でも、まだ明日は4ステージ残っているので、この仕事をやり遂げなければならない」

■カッレ・ロバンペラ/総合2位(=)

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日は本当にいい一日だった。午前中は順調で、いいタイムを出すことができた。走行順が遅くなって、ラインで得られるグリップも高まったので少しラクになった。マシンのフィーリングはよくて、セッティングに何の変更も必要なかった。午後は、道がすごくダーティになって少し苦戦した。でも、夜に走った最後のステージは、文句なしにいい1本だった。少しクリーンだったのでプッシュした。明日のステージは自分好みではない感じだしセブは熟知しているので、彼に追いつくチャンスはないと思う。彼は間違いなく速いし、差をつけられる場所はあまりない。自分は、自分のペースの順位を守ることに努める」

■エルフィン・エバンス/総合4位(↑)

Toyota Gazoo Racing WRT

「長い一日だったが、全体的に内容はかなりよかった。ドライビングもマシンに乗ってのフィーリングも楽しめた。午前は、みんなよりも自分はソフトタイヤの本数が少なかったが、今日のステージがかなり摩耗が激しくなったので、ループの終盤は苦労した。午後はコンディションがダーティになったところでタイムをロスしたので、少し悔しいね。ただ、本当に速く走るために必要なリスクは、自分ではなかなか取れないと感じていた。明日はいいステージがあるし、あとは最終日、天気次第でどうなるかだね」

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20 Nラリー1ハイブリッド

■ティエリー・ヌービル/総合3位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「よくなっていると思う。いいタイムが出せるようになってきた。まだ3番手なので、今日は少しプッシュしなくてはならなかった。両ループでかなりがんばったし、精いっぱいやった。これでカッレとの差は16秒。純粋な速さでは彼に追いつけるとは思わないし、自分たちの方が少し下だと思うが、いずれにしても挑み続ける。基本的に、マシンはドライコンディションで動き過ぎる。明日はまたチュリニ峠を走るが、今度は日中なので、楽しくなるよ!」

■ダニ・ソルド/総合7位(↓)

Hyundai Motorsport GmbH

「今日はハイブリッドシステムにトラブルがあったが、 自分は現実的な人間だから、この週末は概して、自分たちが望んでいたようなペースが出ていないこともわかっている。改善できるようにいくつか変更を試みたが、解決策はまだ見つかっていない。ここのステージを走る自信を得られるだけのフィーリングを感じられていない。もっと上位を望んでいたが、そうなっていないのは残念だ。明日は何か違う流れになるといいが、どうなるかな」

■エサペッカ・ラッピ/総合8位(=)
「格段にポジティブな一日になった。夜の間にセッティングを調整して、自分にとってはよくなった。前にも言ったように、フィーリングは悪くなかったがタイムが出ていなかった。今日は、金曜日と同じように走り出したが、マシンが自分に、速く行けるよ、と語りかけてきた。そうなれば、もっとハードにプッシュできる。だから、タイムが一気によくなった。ステージウインを獲ったわけではないしティエリーのタイムにも追いついていないが、前よりも近づいているので、方向性としてはとても期待が持てる。まだ限界点は見極めていないが、今はポテンシャルが高くなっている。目標は、ここから成長を続けることだ」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■オィット・タナック/総合5位(↓)
「SS10をスタートして3kmでパワーステアリングにトラブルを抱えてしまい、午前中はチャレンジングな展開になってしまった。それでも、そう悪い一日ではなかった。マシンは最初から走りやすかったが、バランスが不足していた。それがなければ限界まで攻める自信が持てない。今日、いろいろ模索して、少なくともセットアップの方向性に関してつかめたことがあったので、明日、少しでもその効果が出てパフォーマンスにつながるといいと思う」

■ピエール・ルイ・ルーベ/SS9でデイリタイア
「前日にもコースオフしているし、本当にトリッキー。今日の午前も残念な結果になってしまった。一番重要なことは、自信を取り戻すこと。明日は、もしフィーリングがよければパワーステージでいい走りがしたい」

RALLY PLUS