2023年WRC開催決定のラリージャパン、自治体が競技主催者となっての新実行委員会設立と新ロゴを発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

2023年WRC開催決定のラリージャパン、自治体が競技主催者となっての新実行委員会設立と新ロゴを発表

©ラリージャパン2023実行委員会

WRCプロモーターが2023年のWRCカレンダーを発表したことを受けて、競技を主催するトヨタ・モータースポーツ・クラブ、特定非営利活動法人M.O.S.C.Oおよび豊田市が、興行主体として「ラリージャパン2023実行委員会」の設立を発表。あわせて、大会公式ロゴマークを発表した。

(以下、発表リリース)


ラリージャパン2023の開催決定 
実行委員会の設立及び大会公式ロゴマークの公表

令和4年11月25日(金曜日)、国際自動車連盟(FIA)により令和5年の世界ラリー選手権(WRC)の日程が公表され、ラリージャパン2023の開催が決定しました。

これにより、FIAに大会の開催を申請していたトヨタ・モータースポーツ・クラブ、特定非営利活動法人M.O.S.C.O及び豊田市がラリー競技を主催することになります。
自治体が競技の主催者となるのは、全国で初めてのことです。

また、興行主体として、「ラリージャパン2023実行委員会」を設立するとともに、ラリージャパン2023大会のシンボルである、大会公式ロゴマークを公表します。

開催日程
令和5年11月16日(木曜日)~11月19日(日曜日)

これまでの経緯
・令和4年1月 日本自動車連盟(JAF)に、ラリージャパン2023の開催申請を提出
・令和4年4月 JAFがFIAへラリージャパン2023の開催申請の提出を公表
・令和4年5月 「FIA世界ラリー選手権日本大会開催準備委員会」を設立

「ラリージャパン2023実行委員会」について
・設立日…令和4年11月26日(土曜日)
・設立目的…ラリー競技やまちづくりに精通した関係機関による、官民連携の開催準備を進めるため
・委員…
 豊田市長 太田稔彦(会長)
 恵那市長 小坂喬峰(こさか たかね)(副会長)
 トヨタ・モータースポーツ・クラブ 会長 関谷正徳(せきや まさのり)
 特定非営利活動法人M.O.S.C.O(モータースポーツコーディネート)
 代表理事 高桑春雄(たかくわ はるお)
 豊田まちづくり株式会社 代表取締役 河木照雄(かわき てるお)

大会ロゴマーク
タイトルスポンサーである株式会社フォーラムエイトのロゴを配し、ラリー車が日本の里山を走る躍動感を一筆書きで表現。
北海道での開催時からロゴマークに描かれている日の丸を引き継ぎ、日本らしさをアピールするとともにこれまでのラリージャパンの歴史を継承していきます。



ラリーカー・イラストレーションズ stage 03 トヨタ