WRCメキシコ:初日の2SSを終えてトップはオジエ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCメキシコ:初日の2SSを終えてトップはオジエ

 

WRC第3戦メキシコは初日の2SSを終了。フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエが僅差でトップに立っている。

この日は、セレモニアルスタートを終えてすぐに始まるグアナファト市内のステージと、レオンサーキットの2箇所が舞台となった。いずれも1.01km、4.6kmと短く、本格的なステージは金曜日からスタートする。

SS1ではヒュンダイのティエリー・ヌービルがトップタイムを獲得し、フォード・フィエスタRS WRCを駆るロレンツォ・ベルテッリが0.2秒差、オジエが0.4秒差で続く。しかしSS2ではオジエがトップタイムを出してヌービルを逆転、1.2秒差で首位に立った。

競技2日目は金曜日の午前9時2分(日本時間7日0時2分)に、SS3からスタート。計8SS、145.13kmという構成となっている。また、SS4/8は44.13kmというロングステージとなっており、先頭走者のオジエにとっては最初の難関となりそうだ。

【SS2後暫定総合】
1.セバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン) 4:13.0
2.ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ) +1.2
3.アンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン) +1.2
4.ヤリ‐マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン) +1.8
5.マッズ・オストベルグ(シトロエン) +2.1
6.クリス・ミーク(シトロエン) +2.7
7.オット・タナク(フォード) +2.9
8.ロバート・クビカ(フォード) +3.8
9.ダニ・ソルド(ヒュンダイ) +4.6
10.ロレンツォ・ベルテッリ(フォード) +5.3



RALLY CARS
RALLY PLUS