WRCポルトガル:デイ2「大人数での接戦は久しぶり」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:デイ2「大人数での接戦は久しぶり」

 

ラリーポルトガル、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント。

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

ミッコ・ヒルボネン/総合首位
「素晴らしい上位争いができて、満喫できた一日だった。最終的に首位に立てて、とてもいい気分だよ。難しい一日だったが、すべてが順調に進み、タイムと今の順位がそれを証明していると思う。午後はソフトタイヤを選び、ロングステージ(SS7)ではそれが活きたのだと思う。サービスを出る時点で僕は正しい選択だと確信していたが、(午後)最初のステージ(SS5)の後は、少しナーバスになっていた。トリッキーだったからね。まだラリーは2日も残っているし、セバスチャンとオットは戦いをあきらめないはずだ。でも、僕だってあきらめないよ!」

エルフィン・エバンス/SS4でデイリタイア
「SS4の超高速セクションだった。基本的には、コーナーの進入でブレーキの判断を誤ったことが原因。速度が高すぎで、コーナーの外側に膨らんでしまった。レッキでは比較的コンディションのいいステージだった。コーナーのイン側は木の陰になっていて、とても小さな湿地ができていた。そこに自分のブレーキが遅れたことが重なった。それまでとてもいい流れできていたので、もちろん残念。今年はまだ修業の年なので、明日も再スタートして経験を積む」

オット・タナク/総合2位
「この順位につけられたのは、僕たちにはとてもいいことだ。WRカーでグラベルを走るのはとても久しぶりだから難しかったが、なんとかやりこなしていると思う。午前中はペースノートで苦戦したが、サービスの間に必死で修正し、午後は完璧だった。自信があったし、プッシュもできた。明日も難しい一日だが、同じペースをキープしていきたい。とにかく集中して、今日の流れを続けなくちゃね」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

セバスチャン・オジエ/総合3位
「特に午前中のコンディションは、一筋縄ではいかなかった。グリップレベルが頻繁に変わった。2回目の走行では、路面がかなり乾いてきた。それでもハードタイヤは理想的な選択ではなかったね。それでも上位に残れてうれしいよ。全般的な話としては、これだけ多くのドライバーが接戦を展開するのは久しぶりなので、ファンにとってはエキサイティングな一日だっただろう」

ヤリマティ・ラトバラ/SS5でリタイア
「好パフォーマンスを結果に反映できなくて、本当に残念だ。SS4は特によかったし、総合2位につけていた。ここ数日間、ひどい雨が続いたので、路面は判断がとても難しかった。ハードとソフトをクロスオーバーで履いていた。左コーナーで予想よりもアンダーが出て、ラインを外れた。コースに戻ると、右側を深い穴にヒットし、マシンが投げ出された。一瞬、2輪状態になり、バンクにヒットしてから転倒した。残念だが、終わりではない」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
シトロエンDS3 WRC

マッズ・オストベルグ/総合4位
「 いい一日だった。上位争いに残ることができた。2ループ目最初のステージでは少しタイムをロスした。あのタイヤは正しい選択ではなかったと思う。ハードで言ったが、まだかなり湿っていた。でも正しい判断をするのは難しかった。今日の出来には満足しているし、明日にも期待を持っている」

クリス・ミーク/SS7でデイリタイア
「右コーナーでのブレーキが少し遅れた。あまりグリップがないところで、午前にエルフィン・エバンスがコースオフしたところだ。ノートがあまり精確ではなかった」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ティエリー・ヌービル/総合6位
「一喜一憂した一日だった。日中サービスでセッティングを調整し、タイヤの選択もよかったので午後は格段によくなった。固めのダンパーで行くと決め、すぐに向上した感触が得られた。これでリズムがよくなった。SS6でベストタイムをマークし、今日が終わった時点での順位を上げられてよかったよ。明日はもっといい走りをしたいね」

ユホ・ハンニネン/総合12位
「興味深い一日だったが、午前の最終ステージでは石にヒットして、停車してタイヤを変えなくてはならなかった。その後、他のコンペティターが道を塞いでいたので、また止まらなくてはならなかった。午後のタイヤ選択は難しかった。最後の2本はフロントだけハードを履いたが、理想的な選択ではなかった。明日に向けてセッティングを変更し、新しいことを試そうと思う」

[ヒュンダイ・モータースポーツN]
ヒュンダイi20 WRC

ダニ・ソルド/総合5位
「僕にもチームにとっても、ポジティブな一日だった。i20 WRCのフィーリングはとてもよかった。午後もいいペースを続けられたが、最後から2本目でサンプガードをなくしてしまったので、SS7ではペースダウンしなくてはならなかった。明日はトラブルなくステージを走りきることに集中したい」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/総合8位
「ラリー前に、ノートを新しく作ることを決めたのだが、あいにくレッキで雨がすごくひどかったので、あまりノートに情報を入れることができなかった。路面はコンディションの予想がつかないこともあって、ノートに100%の自信を持てなかったので慎重になってしまった。でも、メキシコで2回ミスをしてしまっているので、あまり大きなリスクは負いたくない」

[RK MスポーツWRT]
フォード・フィエスタRS WRC

ロバート・クビカ/SS4でデイリタイア
「滑り出しはとてもよかった。何も問題なくSS4を迎えたが、右ー左ー右と続くコーナーの連続でミスをしてしまった。レッキで、経験のあるドライバーたちが、自分の予想以上にコーナーをカットしていることに気付いたので、そのラインについていった。右コーナーの終わりで木の根にヒットした。すごく驚いたよ。木があるのは見えていたが、道の縁よりもかなり離れているはずだと思っていたからだ。でも、すごく急な角度で伸びていることに気付いた時には遅かった。初めてグラベルでの走りを楽しく感じることができていたので、すごく残念だ」



RALLY CARS
ワールドラリーカレンダー2018