オリバー・ソルベルグ、ヒョンデの2023年WRCラインナップから外れる – RALLYPLUS.NET ラリープラス

オリバー・ソルベルグ、ヒョンデの2023年WRCラインナップから外れる

©HYUNDAI

ヒョンデは10月6日、2023年のWRCに参戦するドライバーズラインナップに、オリバー・ソルベルグを含めないことを発表した。

22歳のソルベルグは今季のWRCに、ダニ・ソルドとヒョンデi20 Nラリー1のサードカーをシェアしてスポット参戦。8月のベルギーでは、自己ベストとなる4位フィニッシュをマークしている。

しかし、光る速さを見せる一方でトラブルに見舞われることも多く、今季は8回参戦してきた中でトップ6に食い込んだのは3回のみ。今季の最後の参戦は、先週のラリーニュージーランドとなったが、ここでは土曜日にエンジンのミスファイアリングに悩まされながらも総合5位でのフィニッシュを果たしている。

チームからの発表では「ヒョンデ・モータースポーツとオリバー・ソルベルグは、両者の2022年末までの契約を更新しないことを発表した。チームにとって厳しいシーズンが続いたため、決別を決意した」と説明している。

「オリバーは、若手ドライバーにとって学びの多いシーズンに、積極的で勤勉にチームの一員としての役割を果たしながら、頼もしいパフォーマンスを発揮してきた。ヒョンデ・モータースポーツは、より一貫したパフォーマンスを実現するため、2023年シーズンには経験豊富な3人のクルーを起用する意向だ。今後、順次メンバーを決定し、発表していく」

なおソルベルグは、今年いっぱいはチームに在籍。最終戦のラリージャパンにも、レッキやそのほかの活動に参加する予定としている。

ラリーカー・イラストレーションズ stage 03 トヨタ