WRCエストニア:タナック「次戦のフィンランドを見据えている」デイ3コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCエストニア:タナック「次戦のフィンランドを見据えている」デイ3コメント集

©Hyundai Motorsport GmbH

WRCエストニア、デイ3終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。母国ラリーでの期待を背負いながら、この日にステージウインを連取した首位のカッレ・ロバンペラに1分以上の遅れを喫して最終日を迎えることになるオィット・タナックは、チームメイトのティエリー・ヌービルとともにステージ走行をマシンの開発に重点を置き始めていることを示唆し、事実上のお手上げ状態であることを吐露した。
(カッコ内は順位の前日比)

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1

■カッレ・ロバンペラ/総合首位(=)

TOYOTA

「今日はものすごく楽しめた。最初のステージはあまりグリップが得られないと感じていたが、セッティングを少し変更してからはとてもいいタイムが出始めた。ステージごとにリードを広げ、ハードにプッシュしていたがリスクはそれほど負わなかった。すべてをコントロールできている感じがあった。今年はトリッキーでグリップの低いコンディションの時は、自分はいいドライブができるようだし、それでもかなりプッシュしていたのでいい内容だった。明日もまだ1日が長いので、ミスなくいいペースを維持しなくてはならない」

■エルフィン・エバンス/総合2番手(=)

TOYOTA

「願っていた位置では終われなかったが、いい1日だった。カッレはとても強かったので、今日は彼に太刀打ちできなかった。常に少し先にいたし、かなりのアドバンテージを握られた。ポジティブなことは、昨年すごく苦戦したこのラリーで大きなステップを踏めたこと。それに、チームとしては1-2体制は素晴らしいことだ。でも、明日も先は長いし、轍が深いしコンディションを見ても簡単にはいかない」

■エサペッカ・ラッピ/総合7番手(↓)
「ラクな一日ではなかった。2本目のステージではフィーリングがよかったが、その次のステージでジャンプの着地の際にタイヤがリムから外れてしまった。少しドリフト気味に着地したのだが、アンラッキーだったと思う。これもゲームのうちだ。ステージのかなり序盤だったので、そのまま走り続けることはできず、停車してタイヤを交換したのでかなりタイムをロスしてしまった。その後はドライビングのリズムをつかむのがトリッキーになったが、この順位では、くだらないミスをするリスクを負う意味はないが、それでもいいタイムも出せていた」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT NG]
トヨタGRヤリス・ラリー1

■勝田貴元/総合5番手(↑)

TOYOTA

「1ループ目の後に雨が降って轍に水が溜まり、コンディションが悪化してトリッキーになってしまいました。(5番手争いが僅差となっているが)明日はまだ勝負どころとなるステージがあるので、しっかりとプッシュしていきます」

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20 Nラリー1

■オィット・タナック/総合3番手(=)
「ドラマもなくスムーズな1日だった。マシンに発見があったし、いいステップを踏むことができたので、その意味では有意義な日だった。次戦のフィンランドを見据えて、ポジティブに前進できるようにすべてを尽くしている。改善するべき部分も間違いなくあるので、ポテンシャルはある。もちろん、もっとマシンの開発を進めなくてはならないが、励みにはなる。残りは1日しかないし、順位的にはあまりプッシュする必要はないが、ラリー自体はかなり興味深い。コンディションは常に変化しているので、集中を維持しなくてはならない」

■ティエリー・ヌービル/総合4番手(↑)

HYUNDAI

「今日もトリッキーで、コンディションが変わりやすい1日だった。なんとかリズムにのってドライビングができたし、あまりプレッシャーがないので楽しむこともできた。午前中にエサペッカがパンクしたので自分たちは4番手に浮上したが、そこからはリスクを負うことなく同じ流れを続けることしかできなかった。集中を維持しなくてはならないし、基本的なクリーンでスムースなドライブをしていた。マシンに違うことを行いテスト代わりに走っていたが、全体的には安全に走り切ることに徹していた。特定の状況で苦戦していることが分かったので、それについて取り組まなくてはならないが、ラリーフィンランドで前進していきたいので、それに向けてはいいプリペアになった」

■オリバー・ソルベルグ/総合19番手(↑)

HYUNDAI

「今日は色々と良くなった。プッシュすることができたし、いいスプリットも出せた。マシンに対する自信も高まっている。あとはとにかく走行を重ねることが必要。このタイプの道は、WRカーでも今のマシンでも走ったことがない。昨日は少し不安だったが、とにかく走って慣れるしかないんだと分かった。SS16では危ない場面があって、轍から弾き出されて、横を向きながらジャンプした。まさにラリーって感じ! 午後はトップ4タイムも出せてうれしかったし、あまりハードにプッシュしなくてもペースは上がっていた。取り組みを続けて、成長していくだけ」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■アドリアン・フルモー/総合6番手(=)
「自信があった時はプッシュした。グリップがすごく低くてトリッキーなコンディションのところでは慎重になったが、それでもペースがよかったのはいい意味で興味深い。トップカテゴリーのマシンでここを走るのは初めてなので、予想以上の出来。(5番手の勝田貴元とは10.9秒差だが)自分たちも競技者ではあるが、自分のラリーに専念して走っているし、ラリーを楽しみたい。手応えがある時にはプッシュするし、なければしない。競っているタカのことは気になるが、自分の目標は、自分の走りをして、結果を待つだけ」(SS18フィニッシュ後)

■ピエール‐ルイ・ルーベ/総合8番手
(マニュファクチャラーズ選手権ポイント対象外)
「すごく難しい1日だった。コンディションはトリッキーだったし、順位的にはあまり狙えるものはない中での戦いは難しいが、でもOKだ。いずれにしろ、いい経験になる」(SS18フィニッシュ後)

■ガス・グリーンスミス/総合9番手(↓)
「ラクな1日ではなかったね。もちろん、もっと上の順位で戦いたかったが、パンクのためにそれができなくなった。午後はとにかくペースをつかんで走り続けることに徹した。マシンの動きは基本的にOK。何も変えていないし、とにかく経験を積むことが必要だ」(SS18フィニッシュ後)

■クレイグ・ブリーン/総合33番手(↑)
「内容的にはほぼ満足できる。周りがみんな強いが、自分たちも走るタイミングによって、ウエットがひどかったりドライだったりと、アドバンテージがあったりなかったりしたが、ミスなくクリーンに走り切れた」(SS18フィニッシュ後)

RALLY CARS