WRCポルトガル:シェイクダウンはトヨタのエルフィン・エバンスがトップ。勝田は2.8秒差の11番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:シェイクダウンはトヨタのエルフィン・エバンスがトップ。勝田は2.8秒差の11番手

©TOYOTA

2022年WRC第4戦ポルトガルは5月19日(木)のシェイクダウンを終え、トヨタのエルフィン・エバンスがトップタイムをマーク。0.4秒差の2番手にはMスポーツ・フォードのクレイグ・ブリーン、さらに0.3秒差の3番手にはヒョンデのオィット・タナックという順位になった。4番手はタナックのチームメイト、ヒョンデのティエリー・ヌービルが入っている。

シェイクダウンはサービスパークが置かれるマトジニョスから40kmほど内陸に入ったグラベルステージ。好天に恵まれ、路面にはダストが積もったドライコンディションだ。4.55kmのコースは昨年もシェイクダウンコースとして使われており、森の中を走ったセクションの最後にレーシングカートコースにつながる。上位陣の多くは3〜4回のアタックを実施してセッションを終えている。

上位4台に続く5番手は、Mスポーツ・フォードのピエール‐ルイ・ルーベ。以降、ヒョンデのダニ・ソルド、トヨタのセバスチャン・オジエ、トヨタのカッレ・ロバンペラが続く。勝田貴元は2.8秒差の11番手タイムをマークしている。

ラリーはこのシェイクダウン後、マトジニョスから130kmほど南下したコインブラの街でセレモニアルスタートと市街地ステージのSS1(2.82km)を実施。本格的な競技がスタートする金曜日はSS2〜SS9の計8SS、SS距離121.67kmを走行する。金曜日の8SSはサービスを挟まないため、大きなミスやマシンにダメージを負うことは許されない。オープニングのSS1は日本時間20日(金)の3時3分スタート。

WRCポルトガル シェイクダウン暫定結果
1. E.エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)3/3 2:56.1
2. C.ブリーン(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1)3/3 +0.4
3. O.タナック(ヒョンデi20 Nラリー1)3/3 +0.7
4. T.ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)3/3 +0.8
5. P.ルーベ(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1)2/3 +1.1
6. D.ソルド(ヒョンデi20 Nラリー1)3/3 +1.2
7. S.オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)3/3 +1.3
8. K.ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)3/3 +1.5
9. G.グリーンスミス(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1)3/4 +2.0
10. S.ローブ(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1)3/3 +2.4
11. 勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)2/3 +2.8
12. A.フルモー(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1)2/3 +5.8
※各ドライバー名の後ろの数字は【ベストタイムをマークしたセッション/走行回数】



ワールドラリーカレンダー好評発売中!!