WRCモンテカルロ:シェイクダウンはトヨタのオジエがトップ。勝田は3.8秒差の8番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:シェイクダウンはトヨタのオジエがトップ。勝田は3.8秒差の8番手

©TOYOTA

2022年WRC第1戦ラリーモンテカルロは1月20日(木)のシェイクダウンを終え、トヨタのセバスチャン・オジエがトップタイムをマーク。2番手にはMスポーツ・フォードのセバスチャン・ローブがつけ、3番手にはトヨタのエルフィン・エバンスという順位になっている。

シェイクダウンはモナコから少し北上した山岳地帯に設けられた、2.29kmのターマックステージが舞台となる。気温は10度ほどと比較的暖かく、天候は晴れ。路面はほぼドライという状況だが、日陰になっている部分は湿り気を帯びているようだ。

M-SPORT


トップ3に続いてヒュンダイのティエリー・ヌービル、Mスポーツ・フォードのアドリアン・フルモー、ガス・グリーンスミス、クレイグ・ブリーンが並ぶ。勝田貴元は2度走行し、ブリーンの0.8秒背後の8番手タイムをマークしている。

セッション序盤はMスポーツ・フォードのクレイグ・ブリーンとガス・グリーンスミスのプーマ・ラリー1にパワーステアリングトラブルが発生したほか、トヨタのカッレ・ロバンペラもステージでマシンを止めるなど、新たなマシンへの取り組みがひと筋縄では行かないことを感じさせるものとなった。

HYUNDAI


ラリーは20日(木)の夜、カジノ前でのセレモニアルスタートを経て、ナイトステージのSS1(15.20km)とSS2(23.25km)が行われる。SS1は日本時間21日(金)の4時18分スタート。

WRCモンテカルロ シェイクダウン暫定結果
1. S.オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)3/3 1:50.4
2. S.ローブ(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1)3/3 +0.5
3. E.エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)3/3 +1.0
4. T.ヌービル(ヒュンダイi20 Nラリー1)3/3 +1.8
5. A.フルモー(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1)3/3 +2.6
6. G.グリーンスミス(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1)2/2 +2.7
7. C.ブリーン(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1)3/3 +3.0
8. 勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)2/2 +3.8
9. K.ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)2/2 +3.9
10. O.タナック(ヒュンダイi20 Nラリー1)2/3 +3.9
11. O.ソルベルグ(ヒュンダイi20 Nラリー1)3/3 +4.1
※各ドライバー名の後ろの数字は【ベストタイムをマークしたセッション/走行回数】



ラリプラメンバーズ2022募集中!!