全米最長のオフロードレースで三浦昂が初参戦クラス優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全米最長のオフロードレースで三浦昂が初参戦クラス優勝

©TOYO TIRE

8月11日(水)から14日(土)の4日間、米国・ネバダ州で開催されたオフロードレース「Best in the Desert Vegas to Reno」において、チームランドクルーザー・トヨタオートボデー(トヨタ車体株式会社)の三浦昂が初参戦でクラス優勝を果たした。

「Best in the Desert Vegas to Reno」は、約800kmを走破するタフなオフロードレースとして知られており、同レースの参加者は、ネバダ州南西部の都市ラスベガスを出発し、荒涼とした土漠や砂漠、鋭利な岩肌の山岳地帯などの過酷な路面を休むことなく走り続け、同州北西部の都市リノを目指す。

三浦が出場したクラスは、Best in the Desertシリーズ独自の車両規格を定めたUtility Task Vehicle(UTV)を用いて走る「UTV Sportsmanクラス」。途中リタイアのチームも続出するなか、TOYO TIREから供給された「OPEN COUNTRY SxS」が優れた耐久性とパフォーマンスを発揮し、三浦にとって初めての北米オフロードレース参戦での完走およびクラス優勝を支えた。

三浦昂コメント
今回、初めて北米のオフロードレースに参戦させていただき、数えきれないほど多くの発見がありました。北米オフロードレース未経験の日本人選手の挑戦をサポートするという、TOYO TIRE様の新たな取り組みに関われたことを光栄に思うとともに、私にこのような世界の舞台へチャレンジする機会を与えてくださったことに感謝しています。500マイルという果てしない道のりは、タイムを競う緊張感とあらゆる難関の連続で容易なものではありませんでしたが、素晴らしいチーム体制のおかげで、必ずゴールできると信じ自分のパフォーマンスを発揮することに集中できました。また、「OPEN COUNTRY SxS」が、あの過酷なルートをノーパンク、無交換で私の走りを支え、クラス優勝という最高の結果に導いてくれました。ご声援ありがとうございました。

ヘルメットのペイントはじめました!